就きたい仕事がない人はどうすれば良い?注意点と対策法を解説

就きたい仕事がない人はどうすれば良い?注意点と対策法を解説の画像

【このページのまとめ】

  • ・就きたい仕事がない人の特徴は、「自己分析が不十分」「将来のビジョンが不明瞭」など
  • ・就きたい仕事がないときの対処法は、「徹底的な自己分析」や「最終目標の設定」など
  • ・就きたい仕事がない人は、一度リフレッシュしたりプロの力を借りたりするのもおすすめ

「就きたい仕事がない…」と悩んでいる人は多いでしょう。しかし、原因を探ってそれに応じた対処法を取れば、就きたい仕事がない状態から抜け出せます。このコラムでは、就きたい仕事がない人の特徴や、それぞれの特徴に応じた対処法をご紹介。また、就きたい仕事がないときに気をつけるべきことも解説しています。就きたい仕事がないことを悩んでいる人は、このコラムを解決にお役立てください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

就きたい仕事がない状態とは

就きたい仕事がない状態とは、大きく分けて「就きたい仕事の定義が曖昧な状態」と「自分が求める条件に合う仕事がない状態」の2パターンです。それぞれ以下で詳しく解説します。

就きたい仕事の定義が曖昧な状態

就きたい仕事の定義が曖昧な人は、就きたい仕事がない状態に陥りやすいといえるでしょう。就きたい仕事の定義は人によって異なります。そのため、「自分にとっての就きたい仕事とは何か」を明確にしないと、就きたい仕事がない状態から抜け出せません。「職場の雰囲気が良い仕事」「通勤しやすい仕事」など何でも良いので、まず自分が就きたい仕事の定義を明確にすることから始めましょう。就きたい仕事の条件が挙げられれば、その時点で「就きたい仕事がない」状態ではなくなります。就きたい仕事の定義を明確にするときは、「仕事の選び方に迷ったら?コツが分からない方に向け重視する点を解説!」の内容が役立つので、ぜひ参考にしてみてください。

自分が求める条件に合う仕事がない状態

「希望条件に合う仕事がない」という意味合いで就きたい仕事がない状態である人は、就きたい仕事の条件を高く設定し過ぎている可能性があります。理想を高く掲げることは大切です。しかし、理想の条件に合致する求人だけを追い求めてしまうと、就きたい仕事がない状態から抜け出せなくなることも。就きたい仕事がないことを悩んでいる人は、自分の現状と求める条件を比較して、理想が高過ぎていないか確認してみましょう。

就きたい仕事がない状態から抜け出す方法は、このコラム内の「就きたい仕事がないときの5つの対処法」で紹介しているので、あわせてご確認ください。次の項目では、就きたい仕事がない人の特徴をさらに詳しく解説していきます。

就きたい仕事がない人の5つの特徴

就きたい仕事がない人の主な特徴は、「自己分析が不十分」「将来のビジョンが不明瞭」などです。ほかにも、「周りの評価を気にし過ぎ」「イメージで決めつけている」などの特徴が挙げられます。何が原因で就きたい仕事がない状態から抜け出せないのか、以下で確認してみましょう。

1.自己分析がしっかりとできていない

就きたい仕事がない人は、自己分析が十分にできていない可能性があります。自己分析が不十分だと、自分の強みが分からず、向いている仕事も分かりません。自分に何ができるか、それをどのような業務に活かせるかが分からないと、どの仕事に就きたいかも分からなくなってしまうでしょう。

2.将来のビジョンが見えていない

「将来こうなりたい」という明確なビジョンがない人は、就きたい仕事がない状態になりやすいといえるでしょう。なぜなら、将来の目標がないと、何に向かって頑張れば良いのか分からなくなってしまうからです。ゴールがないので、未来に向かってどのようなステップを踏めば良いのか分からず、結果的に就きたい仕事がない状況に陥るといえます。

3.周りの評価を気にし過ぎている

周りの評価を気にし過ぎるのは、就きたい仕事がない状態になる一因。興味がある仕事を見つけても、「この職業に就くとこう思われるかも…」と考えてしまい、応募に踏み切れなくなる場合があるからです。常に他人視点を交えて仕事を選んでいると、自分の本当に就きたい仕事が分からなくなってしまいます。

就きたい仕事がない人は、「誰にどう思われるか」ではなく「自分がどうなりたいか」に焦点を当てましょう。

4.知っている仕事の種類が少ない

知っている仕事の種類が少ないことも、就きたい仕事がない人の特徴です。知っている仕事が少ないと、その分選択肢が狭まるので、自分が就きたいと思える仕事に出会いづらくなるといえます。どれほど魅力的な仕事があったとしても、知らなければ「就きたい」という感情は生まれないからです。

5.イメージだけで「就きたくない」と決めつけている

何となくのイメージで「この仕事は自分に向いていない」と決めつけてしまうと、就きたい仕事を見つけられない可能性があります。どの仕事にも良い点と悪い点はありますが、実際にやってみないと自分に合っているかどうかは分かりません。想像だけで選択肢から外してしまうことは、就きたい仕事がない状態を長引かせることに繋がります。
就きたい仕事がないと感じる理由は「やりたい仕事がない新卒者も就職できる!自己分析をして内定をもらおう」でも解説しているので、あわせて確認してみてください。

就きたい仕事がないときの5つの対処法

就きたい仕事が見つからないときは、「自己分析を徹底的に行う」「最終的な目標を決める」などを行うと良いでしょう。就きたい仕事がないことを悩んでいる人は、以下の方法を試してみてください。

1.自分の経験を書き出して自己分析する

就きたい仕事がない人は、自己分析に力を入れましょう。自己分析をすると、自分の特性が明確になるだけでなく、今まで気がつかなかった自分の強みが見つかることもあります。「自分の強みが活かせるかどうか」を就きたい仕事の基準に加えれば、より仕事選びの幅が広がるはずです。
自己分析は、今までの経験を振り返って「得意なこと」「苦手なこと」「好きなこと」「嫌いなこと」などをすべて洗い出すのがおすすめ。ある程度書き出せたら、「得意だけどあまり好きではない」「好きだけど苦手」など、さらに細かく分類してみてください。これだけでも、自分の特性は十分に分かりますが、より詳しく知りたい方は「自己分析とは?就活や転職活動での必要性を解説!方法やメリットもご紹介」をチェックしてみましょう。

2.大まかなゴールを決める

就きたい仕事がないことを悩んでいる人は、自分が最終的にどうなりたいのかを考えるのがおすすめです。最終的な目標が決まれば、達成するために今何が必要なのか分かります。たとえ、今やるべきことが就きたい仕事ではないとしても、目標を達成するために必要な過程だと思えば割り切れるはずです。
独立行政法人労働政策研究・研修機構の「労働政策研究報告書 No.199大都市の若者の就業行動と意識の分化―第4回 若者のワークスタイル調査から―『第2章 職業キャリアの現状と近年の変化』(p50)」では、東京に住む25~34歳の性・キャリア別におけるキャリア形成の希望が、以下のように記されています(2016年調査)。

図表2-19「性・キャリア別 正社員の今後のキャリア形成にかかる希望」の画像

引用:独立行政法人労働政策研究・研修機構「労働政策研究報告書 No.199『第2章 職業キャリアの現状と近年の変化』(p50)

正社員として定着している人以外は、1つの企業に長く勤めるよりも、技術を高めたり資格を取得したりしてキャリア展開したい人が多いようです。また、正社員として定着している場合でも、能力を高めてキャリアを伸ばしたい人は、男女ともに半数近くいます。今就きたい仕事がない人は、「職場をステップアップの場として利用する方法もある」と頭に入れておきましょう。

参照元
独立行政法人労働政策研究・研修機構
労働政策研究報告書 No.199

3.世の中にはどのような職業があるのかを調べる

「就きたい仕事がない…」と考え込む前に、世の中にはどのような職業があるのかを知り尽くしましょう。独立行政法人労働政策研究・研修機構における「第4回改訂厚生労働省編職業分類 職業名索引」の改定内容によると、2011年改訂時点の職業名数は17,209です。内訳のデータを抽出すると以下のようになります。

大分類 職業名の数
管理的職業 328
専門的・技術的職業 2,381
事務的職業 534
販売の職業 425
サービスの職業 854
保安の職業 227
農林漁業の職業 529
生産工程の職業 9,646
輸送・機械運転の職業 771
建設・採掘の職業 913
運搬・清掃・包装などの職業 601
17,209

台帳に載っている数だけで約2万ほどの職業があるので、世の中には知らない職業のほうが多いといえるでしょう。また、すでに知っている職業でも、企業によってシステムが違ったり、イメージしていた仕事内容と違ったりする場合があります。就きたい仕事がない人は職業名だけで判断せず、企業ごとの特徴や細かい業務内容も確認しましょう。「世の中の仕事一覧!職業の種類を知って適職を探そう」では、100種類ほどの職業を紹介しています。普段あまり名前を聞かないような仕事も紹介しているので、気になった方はぜひ覗いてみてください。

参照元
独立行政法人労働政策研究・研修機構
第4回改訂厚生労働省編職業分類 職業名索引

4.絶対に就きたくない仕事を考える

就きたい仕事がない人は、「絶対に就きたくない仕事」を考えてみてください。そして、その仕事以外を視野に入れるようにすると求人選びの幅が広がります。特に、何となくのイメージで就きたくないと思っている仕事は、やってみたら意外と楽しかったり、自分に合っていたりすることもあり得るでしょう。その可能性を始める前から潰してしまうのは、もったいないといえます。

就きたい仕事がない人は、譲れない条件を決めたり、条件に優先順位をつけたりして仕事を絞り込んでいくのもおすすめです。自分のやりやすい方法で、就きたい仕事がない状況から抜け出しましょう。

5.業務内容以外の項目で選ぶ

就きたい仕事が思いつかないときは、業務内容以外の項目を基準に仕事を探してみましょう。たとえば、給与や休日、福利厚生などです。全く興味のない仕事であっても、「給与が高ければ頑張れる」「休みがしっかり取れれば頑張れる」という場合もあるでしょう。目の前にある仕事を一生懸命こなしていれば、次第に楽しさややりがいを見出す可能性もあります。
また、独立行政法人労働政策研究・研修機構の「調査シリーズNo.203企業における福利厚生施策の実態に関する調査―企業/従業員アンケート調査結果―」に掲載されている福利厚生や施策の種類は以下のとおりです。

・慶弔休暇制度
・慶弔見舞金制度
・病気休職制度
・永年勤続表彰
・人間ドック受診の補助
・家賃補助や住宅手当の支給
・社員旅行の実施や補助
・労災補償給付の付加給付
・病気休暇制度
・短時間勤務制度
・有給休暇日数の上乗せ
・財形貯蓄制度
・社外の自己啓発サービス提供や経費補助
・社外の自己啓発に関する情報提供
・メンタルヘルス相談
・時差出勤
・食堂
・保養施設やレクリエーション施設などの提供や利用補助
・食事手当
・社内での自己啓発プログラム
・治療と仕事の両立支援策

就きたい仕事がない人は、上記の福利厚生を参考にして就きたい仕事を考えてみるのも良いでしょう。「やりたい仕事がない人も大丈夫!自分を活かせる転職先が見つかるコツとは?」でも、就きたい仕事がないときの対処法を紹介しているので、気になる方はこちらもチェックしてみてください。

参照元
独立行政法人労働政策研究・研修機構
調査シリーズNo.203

就きたい仕事がない人の注意点

就きたい仕事がない人は、焦って就職したり、「就きたいか就きたくないか」だけに固執したりしないようにしましょう。詳しくは以下を参考にしてください。

焦って就職しない

就きたい仕事がない状態を抜け出すために焦って就職するのは避けましょう。適当に仕事を決めてしまうと、就職後にミスマッチを起こす可能性があります。仕事内容や環境が合わないと、早期離職に繋がることもあるでしょう。そうなれば、再び就きたい仕事がない状態に戻ります。積極的に行動を起こしたり挑戦したりすることは大切ですが、企業の情報をよく調べずに就職するのはなるべく避けましょう。

「就きたい仕事」を探すことに固執しない

就きたい仕事がない人は、「就きたい仕事」を探すことにこだわり過ぎないようにしましょう。「就きたいか就きたくないか」だけにこだわってしまうと、自分に合う仕事との出会いを逃す可能性があります。このコラム内の「5.イメージだけで「就きたくない」と決めつけている」でも述べましたが、自分に合う仕事かどうかは、実際にやってみないと分かりません。どの仕事にも、良い面・悪い面は必ずあるといえるので、妥協点を探すこともときには重要です。

就きたい仕事を見つけることに固執してしまう人は、「自分にできるかできないか」を基準にして仕事を選ぶのも有効な手段です。たとえ就きたい仕事ではなかったとしても、自分が得意なことであれば働いているうちにやりがいが生まれることもあるでしょう。

それでも就きたい仕事がない場合は?

これまで紹介した方法を試しても就きたい仕事がない状態から抜け出せない人は、「一度リフレッシュする」「プロの力を借りる」などの手段を取るのがおすすめです。

一度リフレッシュする

どうしても就きたい仕事がない場合は、一度リフレッシュしましょう。このコラム内の「就きたい仕事がない人の注意点」でも述べましたが、不安を解消するために妥協点を増やして就活すると、企業選びに失敗する確率が高まります。そのため、あらゆる方法を試してもなお就きたい仕事がないときは、一度転職活動をストップするのがおすすめです。

リフレッシュするときのポイントは、休む期間を決めて、その期間は精一杯休むこと。頭に仕事の不安があるとしっかりリフレッシュできない可能性があるので注意してください。休むと決めたら、買い物や映画鑑賞など自分が好きなことをして過ごしましょう。

プロの力を借りる

なかなか就きたい仕事が決まらない人は、プロの力を借りるのがおすすめです。たとえば、ハローワークや転職エージェントなどが挙げられます。それぞれの特徴は以下をご覧ください。

ハローワーク

ハローワークは、職業紹介を主として行う施設です。職員に相談しながら仕事を探せます。全国各地の求人を探せるのもポイントの一つです。幅広い選択肢の中から仕事が選べるので、就きたい仕事がない人は求人を眺めるだけでも何かヒントを得られる可能性があります。ただし、平日の夜や土日は開庁していない施設が多く、働きながら仕事を探す人には少し活用しにくいでしょう。

開庁日や開庁時間は場所によって異なるため、ハローワークへ行く前に開庁状況を確認するのがおすすめです。

転職エージェント

転職エージェントとは、人材を探す企業と仕事が決まらない求職者を結びつけるサービスのこと。プロのアドバイザーが適性を判断し、求職者に合った求人を紹介してくれるので、就きたい仕事がない人も安心して利用できます。
転職エージェントのハタラクティブでは、カウンセリングや求人の提案、書類添削や面接対策などをマンツーマンでサポート。未経験でも応募可能な求人を多数取りそろえているので、「就きたい仕事はないけど何か新しいことに挑戦したい!」という方にもおすすめです。サービスはすべて無料でご提供しているので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

就きたい仕事がない人のお悩みQ&A

ここでは、「就きたい仕事がない人はどうすれば良い?」「安定した仕事に就くには?」などのお悩みに回答します。就きたい仕事がないことを悩んでいる人は、ぜひお役立てください。

就きたい仕事がない人はどうすれば良い?

就きたい仕事がない人は、まず就きたい仕事の定義を明確にしましょう。「自分にとっての就きたい仕事が何なのか」が分かれば、そのために今するべき行動が何なのか分かるはずです。「やりたい仕事がない!見つける方法ってあるの?」では就きたい仕事の見つけ方を紹介しているので、こちらも参考にしてみてください。

天職と適職の違いは何?

天職と適職の捉え方は個人の認識差によりますが、一般的には、心から好きでやりたい仕事や自分の能力・性質に合った仕事が天職。自分の能力を発揮しやすい仕事が適職とされています。どちらもよく似た意味の言葉ですが、より「好き・楽しい」と感じるのが天職といえるでしょう。天職と適職の違いは「天職とは?自分の天職を見つけよう」でも紹介しています。気になる方はチェックしてみてください。

安定した仕事に就く方法は?

安定した仕事に就くためには、安定の定義を明確にし、その条件に合った仕事を探す必要があります。たとえば、安定した収入が欲しいなら「減給がない」「昇給がある」などの条件に適した仕事を探しましょう。安定した仕事に就く方法をより詳しく知りたい方は、「安定した仕事に就きたい!おすすめの資格や職種選びのコツをご紹介」をご参照ください。

どうしても就きたい仕事が見つからない場合は?

どうしても就きたい仕事がない場合は、転職エージェントを利用するのがおすすめです。転職エージェントのハタラクティブでは、求職者とマンツーマンでカウンセリングを行い、適性に応じた求人をご紹介。経験より人柄を重視する企業の求人が多いので、未経験の方でも安心してご利用いただけます。サービス料は無料なので、就きたい仕事が見つからない方はぜひお気軽にご相談ください。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る
  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION