【履歴書の疑問】試用期間中に退職したときの書き方

【履歴書の疑問】試用期間中に退職したときの書き方の画像

この記事のまとめ

  • 試用期間は企業側が自身の能力を見極める期間
  • 企業によって試用期間の長さは異なる
  • 試用期間中に退職を決めたら早めにその旨を伝える
  • 試用期間でも職歴として履歴書に記載する

採用は通ったけど、試用期間中とは一体何だろうと思ったことはありませんか。
試されている?それとも慣らし期間?スキルアップのため?
そんなあなたの試用期間中に対する疑問にお答えします。企業側が何のために設けているのか、正社員と何が違うのかを一緒に見ていきましょう。また、試用期間中に退職した場合には職歴として履歴書に書く必要があるのかについても解説します。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

試用期間中に退職する場合

試用期間の長さは企業によって異なり、明確な基準を定められているわけではありませんが、1〜6ヶ月が一般的です。試用期間については労働契約書や就労規則に記載されているので、退職を検討している方はチェックしましょう。

試用期間は単なるお試しではない

企業側は、本採用を前に実務を通して適性や能力を改めて確認したいと考えていま。「お試し」と軽く捉える人も中にはいますが、退職手続きについては正社員と同じです。採用スピードの早い企業では、試用期間でどれだけの能力を持っているか、今後何を任せられるかを見極めている場合があります。長期雇用が前提にある試用期間のため、自身の能力を見られている意識を持っておくことが大切です。

試用期間中に退職を決意したときの対応

もし退職を決意したら申し出はなるべく早く行い、誠意ある対応をしましょう。連絡せず急に出社しなくなるなど、一方的な退職は避けてください。試用期間中でも、立場はその企業の正社員と変わりありません。よって、試用期間中の退職であっても履歴書に記載する必要があります。

試用期間中の解雇はアリ?ナシ?

長期雇用を前提としており正社員と変わらないため試用期間中でも解雇の対象になりますが、正当な理由がない限り企業側は安易に解雇できません。しかし、「経歴詐称」「勤務態度が悪い」「無断欠勤(出勤不良)」などの事情がある場合、企業側から解雇を言い渡されることもあるでしょう。
試用期間中に退職したい!退職理由の伝え方や注意点を解説」のコラムでは、試用期間中の退職について詳しく解説していますので、こちらも併せてご覧ください。

退職の手続き

試用期間であっても労働契約が成立しているため、簡単に退職できるわけではありません。退職手続きは手順を踏み、誠意ある態度とともにマナーを遵守してください。

守るべきこと

・自己都合による退職は二週間前に退職の旨を伝える
・基本的に即日退職はできない

マナーに反すること

・退職を伝え、即日退職希望と伝える
・直接伝えず電話で済ませてそのまま出勤しない
・希望退職日当日に退職願を提出する

民法の規定では、退職願は希望退職日の2週間前に提出すれば良いことになっています。
しかし、企業の就労規則では1ヶ月前の提出と定められている場合が多いです。企業によっては3ヶ月前というところも。退職を決めたらなるべく早めに伝え、今後の対応について指示を仰ぐのも一つの手といえるでしょう。

転職するとき履歴書にはどう書く?

試用期間中の退職は、簡単な理由とともに職歴欄に記載します。期間が短くても、履歴書に必ず記載しましょう。

退職理由は「一身上の都合により」でOK

理由を記載する場合は、「一身上の都合により」に留めて問題ありません。面接で詳細を聞かれた際には、口頭で理由を伝えましょう。試用期間中の退職は短期間での退職のため、「うちでも同じような理由で辞めてしまうのでは?」という印象につながりやすいことを覚えておいてください。

退職理由を履歴書に詳しく書くとき

試用期間中の退職がやむを得ない事情による場合には、退職理由を具体的に書いたほうが良いでしょう。「一身上の都合により退職」と書き、そのあとに続けて事情を簡潔に書きます。
以下、主な例文をご紹介するので参考にしてみてください。

体調不良で退職した場合

「勤務のシフトが不規則で、体調を崩したことにより退職いたしました。当初の説明ではそこまで体に負担がかからないという話でしたが、人手不足から連続でシフトに入ったり勤務時間が一定しなかったりする生活を送っているうち、体に変調をきたしてしまいました。このような生活はずっと続けられないと退職し、療養して今の体調は万全の状態です。」

退職理由が体調不良の場合は「うちも体調不良で辞めてしまうのでは…」という懸念を採用担当者に抱かせないよう、今は完治しており問題ないということを明記するのが大事です。

雇用条件の違いで退職した場合

「面接時に正社員と聞いていましたが、入社後に1年間は契約社員であることが分かりました。1年後、契約を更新する際に正社員として雇用するか検討するということだったので、把握していた雇用条件と違うと感じ退職いたしました。」

雇用条件の違いで退職した場合は、採用担当者に単なる「確認不足」と思われないような説明をするのが重要です。「採用面接のときの説明と違う」「細かい条件を提示されていなかった」など、事実と違う認識を抱いても致し方ないような事情を述べましょう。

試用期間中の退職理由の履歴書への書き方については「試用期間で退職した経歴は履歴書に書くべき?適切な書き方を詳しく解説!」のコラムでも詳しく解説しています。こちらもあわせてご一読ください。

面接で退職理由を答えるとき

短期間で退職したことについての反省点も含めて理由を伝え、志望動機と一貫性を持たせることが大切です。事実として認めたうえで素直に話し、学んだことや今後のことを誠実に考えている旨をしっかり伝えましょう。

仕事を辞めたい、転職したいと思ったら

採用をもらっていざ働いてみたら、思っていたイメージと違った、もっとこんな仕事に興味が出てきた、社内の環境で悩んでいる…といったことから仕事を辞めたいと考えてしまう人もいるでしょう。
転職エージェントのハタラクティブでは、そんなときにどうしたらいいかを相談できます。
親身になってあなたの相談を伺い、その内容で今後どうしたらいいかを一緒に考えてサポートしますので、悩んでいることがある、前に進みたいという方はぜひご相談ください。

試用期間中の退職に関するQ&A

ここでは、試用期間中に退職した方のよくあるお悩みについてQ&A方式で解説しています。

試用期間中に退職すると印象は悪くなる?

試用期間中の退職がその後の転職活動で印象を下げる可能性があることは否めません。しかし、捕捉的に退職理由を説明することで挽回できます。やむを得ない事情があるときはその内容を履歴書に書き、そうでない場合は反省とこれからは頑張りたいという旨を面接で伝えましょう。「短期退職の言い訳はどうする?よくある理由と伝え方を解説!」のコラムでは短期間で離職したときの伝え方をご紹介していますので、併せて参考にしてください。

試用期間中の退職も職歴に入る?

雇用契約が締結されているので、試用期間中の退職も履歴書の職歴欄に書く必要があります。よって、印象が悪いからと履歴書に書かなかった場合には経歴詐称になる恐れも。履歴書の職歴欄は正直に書き、面接での説明で挽回するよう努めましょう。履歴書の職歴欄の書き方については「履歴書は職歴欄がポイント!書き方に気をつけよう」のコラムで詳しく解説していますので、ご参照ください。

試用期間中なので仕事をすぐに退職しても問題ない?

試用期間中でも即日退職はできません。雇用契約が締結されている以上正社員と法律上の扱いは変わらず、退職希望日の2週間前までには退職意思を伝える必要があるからです。一般的には退職希望日の1カ月前までとする企業が多いので、できればもっと早く伝えるのが望ましいでしょう。試用期間中の退職のマナーについては「試用期間に退職届は必要?即日で辞められる?書き方と提出マナーの基本」で詳しく解説しています。

試用期間中の退職で転職活動する自信がなくなりました

試用期間中の退職で次の求人に応募する自信がなくなってしまったら、転職エージェントなどの転職支援サービスの利用がおすすめ。転職支援サービスでは就活アドバイザーがカウンセリングで合う求人を紹介してくれるうえ、転職活動を全面的にサポートしてくれるのが魅力です。転職エージェントのハタラクティブではスキルや経験に自信のない20代の方に向け、人柄とポテンシャル重視の求人をご紹介していますので、ご相談ください。

関連タグ