1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 年棒制にはこんなメリットが!成果重視の給与形態

年棒制にはこんなメリットが!成果重視の給与形態

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・年俸制は、1年間の年収額が確定されている給与形態のこと
    ・「年俸制」=「成果主義」と認識されている部分が大きいのが特徴
    ・1年間のライフプランを立てやすいのは年俸制、将来的なライフプランを立てるなら月給制が向いている
    ・仕事へのやりがい、スキルアップ、個人実績への評価などを期待するのなら年俸制がオススメ

「年俸制」と聞くと、よく野球選手の話題をTVで耳にすることも多いでしょう。
巨額なお金が動くイメージがつきものですが、スポーツ選手に限らず、一般の企業でも年俸制の給与形態を導入しているところも増えつつあるようです。

今回は、年俸制に関する内容とそのメリットを中心に話を展開していきたいと思います。

◆年俸制の制度について

年俸制の給与体制は1年単位です。
給与額は毎年見直され、その決め方は会社によって異なります。
提案された年俸額を受け入れることで、1年間の収入が確定されるというもの。

支払い方法は、年俸額を12ヶ月で割り、毎月1回他の月給制の社員と同じ日に支払う月給支給のケースが一般的です。
たとえ年俸制であっても、残業分の賃金はしっかりと支払われるのが基本。
年俸制だからといって、労働時間は曖昧でいい、残業を含んでいる、一年に一度の支払いでOK…というものではありません。

【年俸制の特徴は?】

1年間の収入を決めるとき、前年度の実績や評価など、どのくらい活躍したのかを考慮しながら、企業側と本人との話し合いで進めて行くのが一般的な方法とされています。
よく言われているのが「成果主義賃金制度」というもの。
前年度の成績が給与に反映される場合もありますが、期待値や個人の役割を考慮されることもあるようです。
自分自身の活躍が評価の対象となるのが年俸制の特徴と言えます。

◆年俸制のメリット・デメリットについて

近年、年俸制を導入する企業が増えてきていると言われています。
実際に年俸制の給与形態になった場合に感じるメリットとデメリットを以下で見比べていきましょう。

◯年俸制のメリット

・年間収入が提示されているため、生活やプライベートの計画を立てやすい
・1年間は給与が減給される心配をしなくてもよい
・年齢が若くても高収入を目指せる
・仕事にやりがいを感じる
など

◯年俸制のデメリット

・来年度の収入が未定な部分が不安
・今の年俸額が続くとは限らない
・契約書に「年俸に、1ヶ月あたり○○時間の時間外手当を含む」といった記載があれば、年俸に残業代が含まれるケースもある
・期待によるプレッシャーが大きい
など

メリットとデメリットは相反する内容になっている点が特徴的です。
仕事へのやりがいを見出せるかどうか、よりプロ意識を高めることができるかどうか、求められるスキルや評価を提示できるかどうか…。といったプレッシャーに打ち勝つ目標を定めている人は、年俸制が向いているかもしれません。
また、仕事へのやりがいを見出し、満足度が向上する可能性も秘めているといえるでしょう。

しかし、期待やプレッシャーに弱い人は、個人の評価が直接給与に反映されることによって精神的に辛い状況に陥る可能性も…。
就活をするうえで、給与形態の確認もしっかりと行うことが大切です。

◆年俸制と月給制の違いは何?

一番の違いは、年収が決まっているかどうか、という点です。
それぞれの違いを下記で詳しく見ていきましょう。

【年俸制の場合】

年俸制の場合は、最初に提示された1年間の金額がその年の内に変動することはありません。たとえば、途中でケガをして2ヶ月入院することになったとしても、年俸額は減額されずに支払われる、ということです。
しかし、次年度の金額は今季の活躍により決まる部分も大きいため、働きが乏しい分、評価が下がる可能性もあるでしょう。

また、年俸制を導入している企業では、ボーナスの支給をしていないところが多い傾向にあります。もしくは、ボーナスを含んだ金額を年俸で提示している場合もあるようです。
そのため、大きな買い物をするときには、ある程度の貯蓄が必要になるでしょう。
年収が決まっていることによるプラス面は、年間のライフプランが立てやすいという一面もあることです。

【月給制の場合】

月給制の特徴は、年間の総収入が未定であるということ。
そのため、年度末まで確定金額を知ることはできません。また、企業の業績や景気の影響により、ボーナスや賞与の額も一定ではないため、見込み年収を予想して生計を立てる必要があります。
景気が悪化することによって、最悪ボーナスが支給されない…といった事態に見舞われることもあるでしょう。
しかし、月給制の場合、年齢や在籍年数が給与に反映されることが多いため、会社に貢献すればするほど給与アップが期待できる可能性も考えられます。
さらに、個人の実績が大きく評価されることも少ないため、プレッシャーを抱えずに、気長に会社勤めをすることができます。
安定した企業であれば、向こう10年間のライフプランを立てることもできるでしょう。

◆年俸制の企業に再就職したい!という方へ

「実績をしっかりと評価してくれる企業で働きたい」「成果が給与に反映されるような働き方をしたい」「もっとスキルアップをして、仕事へのやりがいを実感したい」といった思いを抱いている方は、思い切って年俸制の企業へ転職してみるのもオススメです。

年俸制=成果主義、とも言われているため、個人の評価や仕事へのやりがいを手にしたいのであれば、年俸制の給与形態が向いていると言えるでしょう。
自分自身をもっとよく知りたい…という方は、自己分析や適職診断を行ってみませんか?

当ハタラクティブでは、あなたの性格や好みをヒアリングし、マッチングした業界の提案やお仕事の紹介を行っています。
また、模擬面接や面接対策、マンツーマンでの相談対応など、安心のサポート体制が充実。就職までの道のりを完全バックアップしていますので、二人三脚で安心して就活に臨むことが可能です。
まずは相談だけでも構いません。お気軽にご連絡ください。

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

ページトップへ

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

 

より良いサービスを提供するため
アンケート回答にご協力ください

Q1. 現在の就業状況を教えてください

Q2. 年齢を教えてください

※未回答の設問があります

ご回答ありがとうございます!

いただいた情報は今後のサービス改善のために
活用させていただきます。

閉じる