1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 第二新卒の「転職理由」の伝え方

第二新卒の「転職理由」の伝え方

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

・さらなるステップアップを求めたから

転職理由として、多くの第二新卒の方が挙げるのが「給与」ではないでしょうか。
確かに、仕事内容と報酬が見合っていなかった場合は、転職を考える理由として真っ当だといえます。しかし、それを直接的に、転職活動の際に伝えてしまうと、あなたが「給与のためだけに働く人間」という印象を与えてしまう可能性があります。
そこで、金銭的な要素だけではなく、「さらに上の評価をしてくれる企業と出会いたかったから」とするのがおすすめです。この言い方だと、給与以外にも、仕事にやりがいを求めている人間だというニュアンスが含まれます。
また、「自分はもっと上の評価を受けてステップアップしてもいいはずの人材なのだ」と、自分の能力をアピールすることもできるでしょう。
待遇面を気にしすぎている印象は抑えつつも、転職先に希望すること、ゆずれない条件があるのならしっかりと伝えましょう。

・前の会社の状態に不安を覚えたから

こちらも、多くの人が挙げる転職理由でしょう。実際に前の会社が業績不振から給与も悪くなり、転職を考えるようになるのは自然な流れです。
転職理由としては説得力があるといえます。また、給与に問題がなかったとしても、会社の経営プランに未来が見えないこと、仕事内容に不信感を抱いてしまったなども、転職を決意する理由として妥当です。
こうした前の会社の状態の悪さを転職理由として、採用担当者に説明する際に気をつけたい点は、単なる悪口になってしまわないことです。転職を考えているとはいえ、もともと就職していた企業の内部事情を晒しすぎると、あなた自身に悪い印象がつく可能性があるので、行き過ぎた批判は控えるようにしましょう。
また、どんな会社も一時的に業績不振におちいることはありえます。あなたの見通しが甘く、忍耐が不足していると思われないよう、きちんと「どうして前の会社に不信感を抱いたのか」という点に、説得力ある根拠を示せると良いかもしれません。

・自分の新たな可能性を感じたから

新卒の就職活動であれば、勢いのままに突き進んでいく人も多いでしょう。そうやって志望した企業に入った後で、自分の本当にやりたいことや、向いている仕事が分かるケースもあります。
第二新卒であれば、そんな自分の心の声に正直になってみるのもいいでしょう。むしろ、社会経験を通して成長したことによって、自分の適性がはっきりすることも起こりえます。
こうした転職理由を志望先に説明する際に気をつけたいのは、移り気な印象を与えないことです。
単に、現在の仕事に飽きたり、ムラッ気を起こしたりして転職を考えているのだと思われないよう、どうしてその企業を選んだのか、動機をしっかりとした言葉にしましょう。大切なのは、転職の決意が前向きな判断なのだとアピールすることです。
そのアピールが上手くいけば、熱意を買われる可能性は高まります。

第二新卒の転職理由は、面接官にも鋭い質問をされることが多い、とても重要な要素です。どのように言葉にするか一人で悩んでしまっているあなたは、ハタラクティブにご相談ください。
ハタラクティブは第二新卒の転職活動を、登録者との密なコミュニケーションで応援します。転職理由の伝え方でもきっとサポートできるはずです。まずはご登録してみてください。

関連キーワード

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

面談から平均3週間で内定獲得!

あなたに合う企業を厳選して紹介するので、短期間で内定獲得できます!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

ページトップへ

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

 

より良いサービスを提供するため
アンケート回答にご協力ください

Q1. 現在の就業状況を教えてください

Q2. 年齢を教えてください

※未回答の設問があります

ご回答ありがとうございます!

いただいた情報は今後のサービス改善のために
活用させていただきます。

閉じる