第二新卒の転職…退職理由はどう説明する?

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. 第二新卒転職TOP
  4. >
  5. 第二新卒の転職…退職理由はどう説明する?

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・退職理由がネガティブな場合、前向きなものに変換して伝えたほうが好印象
  • ・「仕事に対する意識が低いのかも」など、マイナスな印象を与えないように注意が必要
  • ・面接対策に不安がある場合は、転職エージェントに相談してみるのも効果的

退職理由がネガティブなものである場合、正直に伝えていいのか悩む…という方も少なくありません。
このコラムでは、転職時に「なぜ前職を辞めたの?」と聞かれた際の答え方について解説します。

【関連記事】
第二新卒のための転職成功の秘訣

・退職理由が人間関係にある場合

組織の中では大勢の人が働いていますので、その中に性格が合わない人がいることは自然なことといえるでしょう。特に、直属の上司や同じグループの同僚との人間関係がうまくいかないと、ストレスも大きくなりがちです。
しかし、前の職場で人間関係がうまくいかなかったことをそのまま退職理由として伝えると、”この会社に入社しても人間関係がうまくいかなくなって辞めてしまうのではないか”と面接官が感じる可能性が高くなります。
そのため、人間関係がうまくいかなかったことをそのまま理由として伝えるのではなく、業務に改善したい部分があったと客観的に説明できるようにすることが望まれます。

例えば、前職で適切な指示が受けられなかったり、連絡体制がなかったりした場合には、チームで仕事をする達成感を味わいたいという理由に置き換えてみてはいかがでしょう。
置き換えて説明することが難しい場合には、人間関係以外の理由を探して伝えるのも無難な方法です。

・退職理由が給与や待遇にある場合

残業時間が長いのに給与は低く、将来に不安を感じて職場を退職するというケースは比較的多くみられます。
しかし、こうした理由をそのまま伝えてしまうと、面接官は”この会社でも給与が低いと感じるのではないか、残業したくないということではないか“と感じてしまうことがあります。そのため、前職の勤務環境については、残業時間を参考に伝える程度にとどめておいた方がよいでしょう。
あまり具体的に説明すると職場の愚痴や悪口のように受け取られる可能性もあります。労働時間が長くて退職した場合には、新しい職場では効率的に仕事がしたいこと、また、どのように仕事のパフォーマンスを高めていきたいのかを伝えることで、面接官に前向きな印象を与えることができるのではないでしょうか。

給与や福利厚生の魅力を志望動機として直接話題に出すことは難しい面もありますが、新たな職場が資格取得のようなキャリアアップ制度を整えているときには、自分の目指している仕事の方向性が合っていること、通常の業務をこなしながら専門性も高めて組織に貢献したいということをアピールしてみてはいかがでしょう。

・退職理由が仕事の内容にある場合

実際に就職してみると、希望の職種とは違う部署に配属されるケースもみられます。
企業では業績に応じて組織の仕事内容の転換や部署の消滅などが起こることもあり、長い目でキャリアプランを考えるときに、こうした理由は比較的理解されやすい傾向にあるようです。
退職理由を説明する場合には、その会社で働き続けていたとしても自分の希望していた部署で働ける可能性がなくなってしまったという点を説明するとよいのではないでしょうか。退職理由を踏まえ、新たな職場に転職したらどのようなキャリアを目指したいのかをアピールできるようにしておきたいものです。

また、前職で身につけたことも説明できるようにしておくとよいでしょう。
社会人としての一通りのマナーを身につけたことはもちろん、仕事上で経験したことや達成できたこともアピールできれば、意欲的な人材としてプラスの印象を面接官に与えられるのではないでしょうか。

第二新卒の場合、短期間で前職を退職しているため、しっかりとした退職理由の説明を求められることが多くなります。ハタラクティブではスムーズな正社員への転職をサポートするため、履歴書の書き方や面接対策のアドバイスにも力を入れています。

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ