早めの行動が人生を変える!20代ニート就職成功への道

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 早めの行動が人生を変える!20代ニート就職成功への道

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・ニート歴が短い20代であれば、就職は実現しやすい
    ・求人を見て悩んだら、Webサイトを見て自分が何に対して悩んでいるのか分析しよう
    ・人手不足の業界や、人との関わりが少ない職種はニートからの就職におすすめ
    ・ハローワーク、サポステ、ジョブカフェ、民間の就職エージェントなどそれぞれの特徴を把握しよう

ニート生活を続けていると、時間感覚が薄れ「気づけば数ヶ月/数年経っていた」ということがあるようです。「まだ20代だから余裕がある」と思っていても、気づけば就職が難しい年齢になっていることもあり得るでしょう。
20代のうちに就職するにはどうしたら良いのか?ぜひ当コラムをご参考ください。

◆20代でニート生活を脱出することは可能?

世間的には、「ニートは就職できない」というイメージがありますが、実は同じニートでもその人の年齢やニート歴の長さによって就職状況が変わります。

その理由は、若くてニート歴が短ければ現存する適応力の高さと成長性が見込まれるため。
年齢を重ねるほど、「これまで経験してきたこと」を基準として思考・行動してしまうため、柔軟性は低くなり環境への適応力、成長性が減少すると言われています。
ニート期間が長ければ、社会との接点が少ない分コミュニケーション力やストレス耐性などに不安を抱いてしまうでしょう。
ニート期間が長期化するほど就職が厳しくなりますが、逆に言えば年齢が若くてニート歴が短い人であれば実現可能であるということ。

また、就職には新卒入社した方のキャリア基準に合わせて、25歳、27歳、30歳、35歳の年齢の壁があるという話を聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。
新卒入社の場合、25歳は新人の指導を任される頃、27歳・30歳はチームリーダーや係長などの役職に就く頃、35歳になると課長・部長クラスの実力をつける人もいるでしょう。
「20代だから大丈夫」と余裕を持って過ごしていると、同年代の社会人とすぐに実力の差がついてしまいます。
採用基準に照らし合わせても、年齢を負うごとに能力不足と判断されるようにもなるでしょう。
20代の若いうちに就活をはじめることをおすすめします。


◆まずは行動することが大切

就活をはじめようととりあえず求人を探してみたものの、気になる企業に応募するのが不安、という人もいるかもしれません。
もし気になる求人があったら、求人票を眺めて悩むだけでなく、企業のWebサイトを見て会社の情報収集をしてみましょう。
「応募するかどうか」で迷っていると、それだけで数時間経ってしまうこともあります。
人生がかかっているので悩むのは仕方のないことではありますが、ただ悩むよりも、「自分はどこに惹かれて、何に不安を感じているのか」と具体的に「考える」ことが大切です。

焦って何社も並行して企業研究や応募をすると、混乱してしまうことも。
まずは行動に移すことが大切なので、1日1社でもじっくり企業研究を行い、応募をしてみましょう。

履歴書の作成や面接も同様です。
最初は緊張してどうしたら良いか分からなくなってしまうかもしれませんが、まずは練習として「履歴書を書き出してみる」「家族や友人に面接の練習に付き合ってもらう」など、アクションを起こしましょう。
その上で、何か疑問や不安を感じたらその都度誰かに相談したり、解消したりしていくことがおすすめです。


◆ニートが就職しやすいのはどんな業界?

求人を探したものの、中途採用ではスキルや経験を求めているケースが多く、自分がどのような場所で働けるのかわからない人もいるかもしれません。
ニートから就職先を探す際は、下記の業界・職種から選ぶのがおすすめです。

【人手不足の業界】

介護業界やIT業界は、消費者からの需要が高まり、現在市場規模が拡大している業界。
規模拡大に伴い人員の確保も精力的に行われているものの、追いついていないのが実情です。
経験者の確保だけでなく、「未経験者を育てていく」という風潮が根付き、研修制度が充実している傾向にあります。

【個人で作業できる清掃業や工場系の仕事】

人との関わりに抵抗がある方におすすめなのは、清掃業や工場での業務。
比較的、人と話す機会が少なく、黙々と作業に専念できるのが特徴です。
マニュアルに沿って作業するため、経験や特別なスキルも必要ありません。

【ドライバーや宅配業界】

体力に自信がある方は、商品をトラックで運ぶ長距離ドライバーや宅配便などの配送業を検討してみてはいかがでしょうか。
こちらも比較的人と接する機会が少なく、ノルマさえ達成できれば個人のペースで働くことが可能です。

これらの仕事を検討してみても不安を拭えない、自分に向いていない気がする、という方は、まずはアルバイトからはじめて仕事に慣れていくのもいいかもしれません。
特に20代前半であれば年齢的な余裕もありますから、気になる職種を体験して自分が何に向いているかじっくり見定めることもできるでしょう。
しかし、あくまでアルバイトは正社員になるためのステップです。
だらだらとフリーター生活を送らないよう、期限を決めて過ごしてください。


◆ニートから就職を目指すには

ニートからすぐ就職先を探すにしてもアルバイトをしてから探し始めるにしても、一人での就活は大変です。
ニートやフリーターを対象とした就活支援サービスを活用して就活するのが、就職成功のための近道。どのようなサービスがあるか、把握しておきましょう。

【ハローワーク】

厚生労働省が管轄する就労支援施設。
求人の検索・紹介、職業相談・セミナー、失業保険手続き、職業訓練手続きなどができ、誰でも利用することが可能です。

【地域若者サポートステーション(サポステ)】

こちらも厚生労働省が管轄する就労支援施設ですが、求人の検索や紹介は行っていません。
既卒や第二新卒の方を中心に、カウンセリングやコミュニケーション訓練、職業訓練、就労体験などを実施しています。

【若年者のためのワンストップサービスセンター(ジョブカフェ)】

都道府県が運営している施設で、各地域の特色を活かしたセミナー、職場体験、カウンセリング、職業相談などがメイン。ハローワークに併設されていることが多く、求人の検索ができるケースもあるようです。
詳しいサービス内容は、それぞれの施設で異なります。
対象は15~40歳程度が目安となっていますが、こちらも施設によって年齢が定められているため、利用する前に調べておきましょう。

このような公的機関のほか、就職エージェントの活用もおすすめです。
就職エージェントは基本的なサービスは公的機関と同様ですが、年齢、経験、スキル、職業などでそのサービス対象が絞られています。
ハタラクティブはニートやフリーター、第二新卒といった若年層向けの就職エージェント。未経験からの就職率は4割以上と、高い実績を持っています。
ニートから脱出するためのより具体的な方法や、ご希望・適正に合った求人のご紹介も可能です。ぜひ一度ご活用ください。




関連キーワード

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ