転職・就職活動にふさわしい靴を男女別で紹介!

転職・就職活動にふさわしい靴を男女別で紹介!の画像

この記事のまとめ

  • 転職・就職活動では、男女ともに派手なデザインや古い靴は避けよう
  • 転職・就職活動では、面接前の靴磨きは忘れずに行う
  • 男性の靴は、黒色の革靴が基本
  • 女性の靴はパンプスが基本で、つま先の丸いデザインが好まれる傾向にある
  • オフィスカジュアルの場合も男性は革靴、女性はパンプスを選ぶのが無難

転職・就職活動では、どのような靴を選ぶべきか、男女に違いはあるのか、知らない方も多いのではないでしょうか。就職・転職活動では、スーツや髪型、鞄だけでなく、靴も重要な要素の1つ。「オシャレを意識しすぎたもの」「個性的なもの」ではなく、ビジネスシーンに適したものを選ぶことが大切です。このコラムでは、転職・就職活動にふさわしい靴を男女別に紹介。また、男女ともに面接で避けるべき靴も紹介しています。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

転職・就職活動で避けるべき靴とは

転職・就職活動では、身だしなみも大切な要素の1つです。企業側は面接の際に、応募者に服装のマナーが身についているかを判断します。特に「TPOに合っているか」「清潔感があるか」を見られており、服装だけでなく、靴選びも重要なポイントです。この点を踏まえた上で、家にある靴、あるいは新しく購入する「面接靴」を選びましょう。以下では、転職・就職活動で男女ともに避けるべき靴をまとめました。

ボロボロな靴

いくら高級な靴であっても、汚れが目立っていたり、かかとがすり減っていたりすると、「細かな気配りができない」「身だしなみマナーに欠けている」などの印象を与える恐れがあります。修復できないほどの靴は、新しいものを購入し、面接までに少し履きならしておくと良いでしょう。また、面接前には必ず靴磨きを怠らないようにします。

派手すぎる靴

柄物や明るい色など、派手すぎるデザインも転職・就職活動で避けるべき靴の1つです。派手すぎる靴は「自己主張が強そう」「非常識」などのマイナスな印象を与える可能性があります。社会人のオシャレはさり気なさがポイントです。ビジネスシーンを意識した靴選びをしましょう。

未経験OK多数!求人を見てみる

転職・就職活動にふさわしい男性靴

転職・就職活動における男性の靴は、黒色の革靴が基本です。スニーカーやブーツなどのカジュアルな印象の靴は避け、必ず革靴を選ぶようにしましょう。以下では、面接の場にふさわしい男性の革靴の種類を紹介しています。

ストレートチップ

ストレートチップは、つま先部分に横一文字のラインが入ったデザインです。就活だけでなく、冠婚葬祭にも適しているといわれています。特に黒色はさまざまなシーンに対応できるので1足持っておくと便利です。

ユーチップ

ユーチップは、つま先部分がUの字に縫い込まれているデザイン。ビジネスシューズに最も多いデザインで、若干カジュアルな印象です。さりげないオシャレを引き出したいファッション業界の面接に最適といえます。

プレーントゥ

つま先に装飾がないプレーントゥは、カジュアルとフォーマル、どちらのシーンにも使えるアイテムです。

上記のように革靴にもさまざまな種類があります。社会人としてTPOを意識した靴を履きましょう。

転職活動におけるスーツの選び方とは

リクルートスーツで良い新卒の就職活動と違って、転職活動の場合「どのようなスーツを選べば良いか分からない」と悩む方は多いようです。転職活動の際に着用するスーツに明確な決まりはありませんが、男性の場合、スーツのジャケットはシングルボタンで無地のものを選ぶのが無難。色はブラックやダークネイビー、ダークグレーなどを選ぶと良いでしょう。また、男女ともにリクルートスーツは未熟な印象を与えるため、避けるようにします。「転職スーツを攻略!面接官ウケするスタイルとは」では、転職活動にふさわしいスーツスタイルを男女別に紹介しているので、参考にしてみてください。

転職・就職活動にふさわしい女性靴

転職・就職活動における女性の靴は、装飾のないパンプスが基本とされています。女性の面接靴は男性に比べて選択肢が狭まりますが、きちんとしたパンプスを履くことで、清楚さや真面目さをアピールできるでしょう。以下では、パンプスを選ぶ際のポイントを解説します。

ヒールの高さは3~5センチ

パンプスのヒールは、高すぎず、低すぎない3~5センチのものを選びましょう。ヒールには姿勢をシャキッと見せる効果があります。綺麗な姿勢を保つ自信がないという場合は、5センチヒールをチョイスすると良いでしょう。

ピンヒールは避ける

ピンヒールはカツカツという音が響く可能性があるので、面接時には避けましょう。もちろん、自分自身の歩く姿勢や音を立てないように意識することも大切です。

黒色でつま先が丸いデザインを選ぶ

就職活動では、パンプスの色は黒色をチョイスしましょう。転職の場合も黒が無難ですが、スーツに合わせてベージュやブラウンなどを選んでも問題ありません。また、就職・転職活動共につま先が丸いデザインのものが好まれる傾向にあります。逆につま先が尖っているものはキツイ印象に受け取られる可能性が高いので避けたほうが無難です。

転職活動における女性の服装とは

女性が転職活動を行う場合の服装は、「ジャケットを着用すればOK」「インナーの指定がない」「スカートまたはパンツでOK」など、男性に比べて自由な場合が多いようです。ただし、「全体的にダークトーンを意識する」「スカートはひざ丈にする」などのポイントを押さえる必要があります。「女性は転職面接でスーツを着る?男女別服装まとめ」では、転職活動の服装選びのポイントを男女別でまとめているので、あわせてチェックしてみてください。

オフィスカジュアルを指定された場合の靴選び

企業によっては、面接の際に「私服でお越しください」と、オフィスカジュアルを指定されることがあります。オフィスカジュアルとは、「スーツほどフォーマルではない、ビジネスの場に適した服装」を指す言葉です。オフィスカジュアルに明確な定義はありませんが、「ビジネスシーンにふさわしいカジュアルなファッション」を求められます。そのため、スーツは避けるべきですが、靴は男性は革靴、女性はパンプスを選ぶのがベターです。「オフィスカジュアルとは?スーツはだめ?男女別おすすめアイテムを紹介」では、オフィスカジュアルコーデのポイントやおすすめのアイテムなどを紹介しているので、参考にしてみてください。

就職・転職活動では、靴をはじめ、服装・髪型などの身だしなみやビジネスマナーなど、守るべきことが多く「誰かに助言してもらいたい」と思うこともあるでしょう。そんなときエージェントを利用し、就活アドバイザーに相談するのも1つの方法です。
就職・転職エージェントのハタラクティブでは、就活アドバイザーがマンツーマンで希望に寄り添った求人紹介はもちろん、面接時のスーツや靴、靴下、時計など、細部まで助言します。また、履歴書の添削や面接対策などにも対応。求職者一人ひとりの就職・転職活動をバックアップしています。サービスはすべて無料です。ぜひハタラクティブにご相談ください。

この記事に関連するタグ