新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 第二新卒が陥りやすい転職の失敗パターンをご紹介!

第二新卒が陥りやすい転職の失敗パターンをご紹介!

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・辞めるために転職する、新卒と同じ方法で転職するなど、失敗するパターンを知っておくことが大切
    ・転職を成功させるには自己分析や企業研究を行ない、求められている人材像などを十分に調べておく
    ・転職先は働きながら探し、スケジュールをしっかり組んで計画的に進めることが重要
    ・第二新卒は若く柔軟で、基本的なスキルを既に身に着けている場合が多いので、多くの企業から求められている

一般的に「新卒で入社して1年から3年以内に転職を志す者」のことを第二新卒と言います。
第二新卒者はせっかく入社したのに会社を早々に退職してしまった、とネガティブな印象を持たれることが多々ありますが、近年では第二新卒者を積極的に採用する企業が増えているようです。
しかし、事前にしっかり計画と対策を立てておかないと転職に失敗してしまうかもしれません。
こちらでは、第二新卒で転職を図る方が陥りがちな失敗をご紹介し、転職を成功させるにはどうしたら良いのかをお教えします。

◆第二新卒の転職、失敗パターン

転職を成功させるためには、第二新卒者がやりがちな失敗パターンを確認しておきましょう。

・会社を辞めるためだけに転職する

「休日出勤が多い」「残業が多い」「会社や周囲に馴染めない」などの不満から、転職しようとする方は多いでしょう。そういった方は転職すること自体が目的になってしまっているので、退職後のことをよく考えていない傾向にあります。
つまり転職をするための目的意識がないので、面接で明確な志望動機を伝えることができず、面接官に「何も考えていない」と見抜かれてしまい、内定を得ることができないようです。

・新卒と同じ感覚で転職活動をする

第二新卒者の多くは、新卒時の就職活動からあまり時間が経っていないからか、新卒時の就活と同じ感覚で転職活動を進めてしまっているようです。
新卒と第二新卒では求められるものが違います。しかしその違いがわからず、とにかく多くの会社に応募するといった新卒時と同じような行動を採ってしまい、失敗してしまうようです。

・自分を客観視できず、難易度の高い企業ばかりを受けている

第二新卒で転職を目指す方の中には、社会人としての実務経験が浅いにも関わらず、自分を過大評価して自分の能力を超えた難易度の高い求人ばかりを探してしまう方も多くいます。
自分を客観視できない方は転職に失敗する可能性が高く、受かる可能性の低い企業ばかり受け続けることになり、時間を無駄にしてしまうようです。

・退職理由をネガティブに答えてしまい、なかなか内定が取れない

これは第二新卒だけでなく転職する方すべてに言えますが、面接の際に前職の退職理由を聞かれるのはよくあることです。
しかしこの時、前職の不満や文句などのネガティブな不平不満ばかりを並べ立ててしまうと、面接官に「自社に入社しても気に食わないことがあればすぐに辞めてしまう人物」と見なされてしまい、転職が難しくなってしまいます。


◆転職を成功させるには?

今度こそ自分に合った企業に転職するには、実際にどんなことをしたら良いのかご紹介します。

・自己分析をする

自分をわかっていなければ、企業に対して自分の強みをアピールすることができません。
企業にとって利益になる人間だということを証明するためにも、自分の適性を把握し、今までどんな仕事をしてきたか、どんな知識を身に着けたか、就職に失敗したことへの反省などを洗い出し、自己分析をしっかり行ないましょう。
また、企業は入社意欲の高さや転職するに至った理由、現職へのミスマッチに対する反省などを重視するようです。企業がどんな人材を欲しがっているのか理解した上で、アピールの仕方を考えましょう。

・転職先に求める条件を明確にする

人によって求める条件や優先順位は異なりますが、転職先の企業を探す時は自分なりの基準を定めておきましょう。
何のために転職するのかを考え、「残業はしたくない」「業界や企業規模にこだわらない」など、叶えたい条件、妥協しても良い条件をきちんと決めておけば、自然と選ぶべき企業が見えてきます。

・十分に企業研究をする

多くの方が転職先を業界、職種、給与、待遇などで選びがちですが、これらを事前に調べただけではきちんと業界研究したとは言えません。
企業の理念や社風、独自の文化、同業他社にはなくてその企業にだけある特徴、その企業が求めている人材像などを、徹底的に調べ、企業への理解を深めて面接で活かしましょう。
やり方としてはネットで気になる企業のWebサイトを見たり、転職説明会や会社説明会などに足を運ぶといった様々な方法があります。

・転職先は働きながら探す

転職活動は働きながら行うのが賢明です。とにかく仕事を辞めたいからと、転職先が決まる前に退職してしまうと収入が途絶えてしまうので、生活ができなくなってしまいます。
また、退職してから転職活動を行うと金銭的なプレッシャーから転職先を妥協してしまい、希望の条件を満たさない企業に入社してしまいかねないので、注意しましょう。

・転職理由に一貫性を持たせる

転職理由には志望動機との一貫性を持たせなくてはなりません。例えば退職理由が「もっと収入が欲しいから」なのに、志望動機が「色々な仕事に挑戦できる」という場合、転職理由と志望動機が食い違ってしまっているので、面接官を納得させることはできないでしょう。
転職理由と志望動機は書き方が違っても、同じような内容になっていないと違和感があります。転職理由と志望動機のどちらかを先に考えた上で、一貫性を持つ内容になるようにしましょう。

・スケジュール決めて転職活動する

転職を成功させるには、きちんとスケジュールを組んで計画的に進めていくことが重要です。必ずしも計画通りに進むとは限りませんが、大雑把でも良いのでスケジュールは立てておきましょう。そうすればいつまでに企業探しや企業研究、自己分析をすればいいか、やるべきこと、準備しておくべきことなどが明確になります。
在職中の方は、業務の引き継ぎや退職手続きなどがあるので、余裕を持ったスケジュール管理を心がけましょう。


◆第二新卒にはこんな強みがある!

第二新卒者は実際に働いていた期間が短いため、前職に染まっておらず、転職先の社風に馴染みやすいという強みがあるのが特徴です。
また、新卒で入社した企業の研修で基本的な挨拶から電話対応の仕方、ビジネスメールの書き方、名刺交換のやり方まで一通り身に学んでいることが期待できるので、採用する企業にとっては一から教育する必要がある新卒者よりもコストが節約できるというメリットもあります。
そのため、第二新卒者は基礎があって仕事の覚えが早い、若く柔軟な若手社員の確保を図りたい企業に必要とされているのです。

しかし、いざ転職をしようとした時、どのように始めればいいのかわからない、という方は多いのではないでしょうか。そんな時は、第二新卒や既卒などの若年層に特化した転職エージェントのハタラクティブの利用をオススメします。
ハタラクティブは経験より若さや意欲を重視したいという企業の求人を豊富に取り揃えているので、就活アドバイザーによるカウンセリングを通して共有した情報を基に、希望の職種や条件にマッチした案件をご紹介。
応募書類の作成や面接対策、面接の段取りや日程調整など、徹底したサポートも行っているので、転職を効率的かつ有利に進めたい方はぜひご利用ください!

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

面談から平均3週間で内定獲得!

あなたに合う企業を厳選して紹介するので、短期間で内定獲得できます!

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ