若者が夢・希望・自信を持って就労できるようにサポート!【にいかわ若者サポートステーション】

若者が夢・希望・自信を持って就労できるようにサポート!の画像

はじめに

にいかわ若者サポートステーションは、厚生労働省委託事業の地域若者サポートステーションの一つとして、富山県黒部市に拠点を構えています。社会参加や仕事をすることに対して悩みを持つ、おおむね15歳から49歳までの若者を対象に、社会的自立の支援を行っています。
同団体には、キャリアコンサルタントなどの専門スタッフが在籍。仕事をしたくても行動に移せずにいる若者を、専門的な視点からサポートしています。ただ仕事に就くことだけを目指して支援するのではなく、夢・希望・自信を持って就労に踏み出せるように支えていることが特徴です。そんな同団体の活動について、詳しくお伝えします。

にいかわ若者サポートステーション

にいかわ若者サポートステーションでは、若者の今の状況や仕事に対することなど、さまざまな悩みに対応。「働きたいけどどうしたらいいのか分からない」「人間関係でつまづいて退職してから、ブランクが長くなった」「働くことに自信が持てない」など、一人ひとり異なる悩みに親身に向き合っています。カウンセリングや就労体験など、支援プログラムの内容はさまざまです。以下では、同団体が行っている主な支援プログラムをご紹介しています。

定期プログラム/イベント

職場体験

若者一人ひとりの能力に応じて、職場体験の場所を決定しています。職場見学・短期の職場体験を通じ、働くことに対する不安を少しでも軽減すること、働くことへの意識を高めることが目的です。

就職準備

求人への応募方法、履歴書の書き方、面接時の答え方など、就職活動本番で活かせる指導を行っています。

パソコン講座

仕事をする上で必要となるパソコンスキルを基礎からレクチャーしています。スキルを習得することで、就職活動でも役立てるようにしています。

自己理解

就職活動をする上で必要な、「自分を知る」ことの大切さを学んだり、これからの自分について考えるプログラムです。

メンタルマネジメント

若者が効果的に目的を実現できるように、衛生管理の方法などを教えています。

コミュニケーション講座

就職活動だけでなく、就職が決まって働くようになってからも活かせるコミュニケーションスキルを習得する支援プログラムです。少人数でのグループワークをメインに行われています。

ビジネスマナー講座

ビジネスマナーを身につけるための支援プログラムです。

不定期開催プログラム/イベント

上記の定期プログラム/イベントのほかに、不定期で行われるプログラム/イベントもご紹介します。

集中訓練

にいかわ若者サポートステーションでは、登録された無業者の方を対象として、3カ月または6カ月の合宿生活を通してコミュニケーション力や生活力の向上、職場体験・セミナーを通して社会参加できるようになることを目的に、座学での研修・企業実習などを実施しています。主な訓練内容は調理実習、清掃作業、グループワーク・コミュニケーション訓練、社会参加訓練、職場体験になります。年2回実施しています。

ソフトボール大会

様々な自立支援組織4~6団体と、年2回春と秋にニート甲子園と題し、団体の威信と優勝をかけて実施しています。

講演会

年数回テーマを設けてシンポジウム、ワークショップなどの講演会を実施しております。

スケジュール(4月)

にいかわ若者サポートステーションの4月のスケジュールは、農業体験やPC教室、ジョブトレーニング、就職準備・ビジネスマナー講座などが予定されています。

スタッフブログより

農業体験(ブルーベリー畑)

にいかわ若者サポートステーションで運営されているスタッフブログからも、同団体の活動内容を知ることができます。
同団体では、ジョブトレーニングの一環でブルーベリー畑の農業体験を実施しています。害虫の発生などを抑えるために、雑草を刈り畑を整えたり、樹勢を強くするために根本に堆肥を盛ったりと、ブルーベリーの木の様子に留意し、本格的な農業体験を行っています。
肥料として木の皮を運搬する際には、一輪車を使用。重労働のため体力がつき、人との連携が求められるためコミュニケーション力も身につけられます。こうした経験からも、参加した若者たちは農業体験を楽しみつつ、仕事に対する真摯な姿勢を学んでいます。

詳細情報

https://nsapo.org/

関連タグ