大学生のバイト事情!仕事内容や給料の平均は?おすすめの職種も紹介

大学生のバイト事情!仕事内容や給料の平均は?おすすめの職種も紹介の画像

この記事のまとめ

  • 大学生のバイト平均時給は、最低賃金の上昇にともなって1,000円を超えている
  • 大学生の代表的なバイトは飲食店やコンビニ、販売、家庭教師など
  • バイトで稼いだお金は生活費をはじめ、飲食や趣味、学費などに当てている人が多い
  • 大学生がバイトを選ぶ基準は、シフトの融通や自宅からの距離などがある
  • 大学生がバイト面接を成功させるポイントは、履歴書や志望動機など事前準備を整える

大学生のバイト事情はどうなっているのでしょうか?平均時給や労働時間、バイト代の使いみちなど、気になる方もいるでしょう。大学生のバイト経験は、就職活動のアピールにも活かせるのがポイントです。
このコラムでは、大学生のバイト事情を解説。面接を成功させる方法やおすすめのバイトも紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

大学生のバイト事情

大学生になると、新生活とともにバイトを始める人が多く見受けられます。ここでは、大学生が実際どれほどの収入があるのか、どれくらいの時間で働いているのかといった実態についてまとめました。

大学生のバイト平均時給

厚生労働省が公表している「令和2年賃金構造基本統計調査」によると、大学生にあたる20~24歳の平均時給は、男性で1,190円、女性で1,176円となっています。

  男性 女性
~19歳 1,063円 1,068円
20~24歳 1,190円 1,176円
25~29歳 1,507円 1,386円

引用:厚生労働省「短時間労働者の性、年齢階級別1時間当たり賃金 及び年齢階級間賃金格差

地方や企業規模、バイトの種類による差はあるものの、男女ともに1,000円を超えていることから、平均時給は増加傾向にあるといえるでしょう。

また、厚生労働省「令和3年度地域別最低賃金改定状況」をみると、上位の東京都が1時間当たり1,041円、次いで神奈川県が1,040円、大阪が992円です。このように、主要都市をはじめ、全国的な最低賃金の上昇にともなって平均時給も増加しているといえます。

参照元
厚生労働省
令和2年賃金構造基本統計調査
令和3年度地域別最低賃金改定状況

大学生のバイト平均労働時間

文部科学省国立教育政策研究所が発表した「大学生の学習実態に関する調査研究について(概要)」によると、1週間のバイト平均労働時間は、約9.3時間であることが分かりました。これは、大学生が自発的に学習する時間よりも長いといわれているようです。
また、厚生労働省が実施した「学生のアルバイト実態等把握のためのアンケート調査結果」をみると、1日あたりのバイト平均労働時間は、4~6時間未満と回答した人が全体の半数を占めています。
上記の結果から、大学生がバイトに費やす平均労働時間は、週に約10時間前後、日数なら週2、3回程度といえるでしょう。

参照元
文部科学省
大学生の学習実態に関する調査研究について(概要)
厚生労働省
学生のアルバイト実態等把握のためのアンケート調査結果

大学生活とバイトは両立できる?

結論から言うと、大学生活とバイトは両立できます。日々の学生生活と並行してバイトをする人はもちろん、春休み・夏休みといった長期休暇を利用してバイトに励む人が多いようです。
とはいえ、所属している学部やサークルなど、人によって条件が異なるもの。バイトを始めても大学生活が忙しく、週1日ペースでしか働けないという方もいるでしょう。学生の本分は勉強だということを忘れず、バイトは自分に合ったペースで行うのが賢明です。
就職活動とバイトの両立について知りたい方は、「就活とバイトの両立ってできるの?その方法とは?」のコラムもあわせてご覧ください。

大学生のバイト代の使い道は?

大学生のバイト代の主な使い道については、以下のようなものが挙げられます。

飲食代

友人とご飯を食べに行ったり、大学のサークル・部活の飲み会に参加したりしていると、飲食代もかさみます。これらをバイト代で賄っている人は多いでしょう。

洋服を買う

高校生のころとは違い、大学は私服で通うことになります。「ただ単に好きだから」という理由で服にバイト代を使う人がいる一方、「毎日同じ服ばかり着るのは恥ずかしい」といった理由で洋服を買う人もいるようです。

趣味に使う

映画やアニメ、コンサート、旅行、車など、趣味は人によってさまざまです。大学生でバイトをしている人のなかには、バイト代のほとんどを自分の趣味に使ってしまうという人もいます。

学費に回す

大学へ進学するというのは経済的負担が大きいもの。バイトで稼いだお金は学費に回すという人も多いようです。

生活費を補う

一人暮らしの場合、家賃や食費、光熱費などの生活費がかかります。親からの仕送りでは足りない部分をバイト代で補っているという人も多いでしょう。

大学生がバイトを始める3つのメリット

就活を控えた大学生にとっては、バイトから社会人に必要なマナーを身につけたり、就活に役立つ経験を得られたりします。ここでは、大学生がバイトを始める3つのメリットについてまとめました。

1.社会人としてのマナーがが身につけられる

バイトでは、就職する前に社会人としてのマナーが身につけられます。たとえば、挨拶をはじめ、正しい言葉遣いや電話対応のやり方、身だしなみなどさまざまです。大学生のうちからある程度の社会人マナーを学んでおけば、就職後もしっかり活かせるでしょう。

2.さまざまな人と関われる

バイトをすると、年齢や性別を問わずさまざまな人と関わる機会があるでしょう。大学生活以外での人間関係が構築できるので、新しい感性が磨かれることも。ほかにも、何でも話せる友人ができたり、将来結婚を考えるような人ができたりと、あなたの人生を変えてくれるような人と出会える可能性もあります。

3.就職活動でバイト経験をアピールできる

バイト経験は、就職活動の際に自己PRとして活かすことができます。就活時はアピールポイントが多いほど有利です。また、バイトで応募先の企業に関連するスキルが身につけられたのなら、面接時にしっかりとアピールすることが重要。バイトで培った経験を自分の言葉で説明できれば、説得力も増します。
学生時代の話もOK?職務経歴書に書いて良い内容とは」では、大学生のバイト経験を応募書類に記載することについて紹介しています。ぜひ参考にしてください。

大学生におすすめのバイト12選

ここでは、大学生がバイト先として選んでいる職種をいくつかご紹介します。

コンビニ

高校生、大学生ともにバイト先として選ぶ人が多いのがコンビニです。その理由には、働ける場所が身近にあったり、時間の融通が利きやすかったりする点などが挙げられるでしょう。業務内容は、レジ打ちや接客、商品の陳列、清掃、ホットスナックの調理など、多岐にわたります。

飲食系

居酒屋やカフェ、ファミレスなどの飲食店も大学生が働きやすいバイトです。業務内容はホールとキッチンで異なり、ホールは主にオーダー取り、配膳、片付け、レジでの会計などを担当。キッチンは、調理全般と食器洗いを行います。
チームワークが必要となる仕事なので、バイト仲間と仲良くなりやすいのも魅力の一つです。

販売系

販売の職種も大学生に人気のバイトです。取り扱う商品は食品や雑貨、洋服、化粧品などさまざま。アパレル系のお店なら、大学生でも髪色や服装が自由なところも多く、そのブランドの商品を社割で買うこともできます。現場では、接客のマナーやコミュニケーションスキルを身につけられるでしょう。

家庭教師

マンツーマンで生徒に勉強を教え、成績アップや受験対策の手助けをする仕事です。学力はもちろんのこと、コミュニケーション力も重視されます。
派遣に登録して働く場合は勤務時間が比較的自由に選べるので、大学に通いながら空いた時間を有効活用できるというメリットがあります。給与は生徒の年齢や科目、指導内容などによりますが、ほかのバイトと比べて時給が高めに設定されていることが多いようです。

ガソリンスタンドスタッフ

大学生でも始めやすいガソリンスタンドスタッフは、生活に欠かせないガソリンや石油を扱う仕事です。お客さまが来車したら、給油するガソリンの種類を聞き、給油作業と支払いを対応。また、窓拭きや車内のゴミ回収なども行います。近年ガソリンスタンドで車に関するさまざまなサービスを受けられるようになっているため、多岐に渡る業務内容が特徴です。さらに、セルフ給油型のガソリンスタンドの急増により、バイトスタッフの人数が少ないぶん、多くの仕事を一人でもこなせる人材が重宝されるでしょう。

デリバリースタッフ

ピザや寿司など飲食の宅配サービスの需要が高まるなか、デリバリースタッフのバイトも大学生に人気です。店舗のスタッフによる配達だけでなく、デリバリー代行業者に登録した配達員が店舗に商品を受け取りに行き、注文先へ届けるサービスも普及しています。配達はバイクや自転車で行えるので、誰でも気軽に始められるのが魅力です。

治験

治験は、製薬会社が開発した新薬の検証に協力するバイトです。主に通院タイプと入院タイプの2種類があります。どちらも高額な報酬が期待できるところも魅力の一つ。基本的には薬やサプリメントなどを服用し、決められた期間で様子を検証するものです。入院タイプの場合は長いもので一ヶ月を超えるものもあり、外出や喫煙、飲酒、スマートフォンの利用などは制限されます。そのため、大学生は長期休暇を利用して行う人も多いようです。

警備員

警備員は、クライアントの建物やイベントなどで誘導や警備を行う仕事です。敷地内巡回や混雑した場合の誘導、駐車場の交通整理などに加えて、火災や事故、犯罪の防止を行うことも求められます。また、突然のトラブルに対する緊急対応を率先して行うことも必要です。人々の安全を守るために重要な仕事であり、大きなやりがいのあるバイトだといえるでしょう。
初心者でも研修を受ければすぐに業務が覚えられます。時間も比較的自由に組みやすい仕事のため、大学生にも適した仕事です。

引っ越しスタッフ

引っ越しスタッフは、住居の引っ越しや企業のオフィス移転などの際に荷物の積み込みや運搬、搬入をする仕事です。衣類や食器などから家具、家電までさまざまなものを運ぶため、力作業だけでなく、繊細な作業も求められます。しかし、その反面で給与面の待遇が良く、短い時間で高収入を期待できることから、大学生に人気のバイトです。

軽作業

検品や仕分けなどの軽作業バイトは、倉庫など特定の保管場所で行います。指定の荷物を決められた場所へ分類するのが主な仕事です。仕分ける荷物は、企業や倉庫の規模によって種類や量が異なります。近年は郵便局や宅急便など、身近な物流企業も繁忙期に仕分けスタッフを雇うことがあるようです。そのため、長期休みを利用して短期で働ける大学生にぴったりのバイトといえるでしょう。

イベントスタッフ

イベントスタッフは、コンサートやスポーツ興行などの設営や当日の会場スタッフなどイベント全体を運営する仕事です。イベントの規模や内容によって仕事内容は変わりますが、設営や売店スタッフ、誘導、撤収作業とイベントに関わる作業すべてに関わります。力作業を行う場合もあり、体力的に辛い面もあるバイトですが、給与面は比較的高めに設定されているので、大学生活が忙しくても短期間で高収入を得られるでしょう。また、運が良ければイベントに出演する著名人を間近で見られることもあるようです。

リゾートバイト

リゾートバイトは、季節によって行われるレジャー施設で働く仕事です。冬はスキー場、夏は海の家といった施設で働くことになります。雇用期間が数週間〜3ヶ月程度の短期アルバイトとしての採用が多くなるため、仕事の範囲は限られていることが多いようです。応募にあたって専門的な知識や資格を要する職種はほとんどないため、「長期休みに働きたい」といった大学生のバイト事情に適しているといえます。

Webライター・データ入力

Webライターやデータ入力などの仕事は、パソコンがあればどこでも行えます。そのため、授業や課題に追われて、通勤が難しいといった大学生におすすめのバイトです。また、在宅ワークは納期が定められているものが多いので、完成までの予定が立てやすいといえるでしょう。空き時間や余裕のある時に仕事を進行させることも可能です。
大学生やニートのアルバイトの探し方に関しては、「バイトの探し方おすすめ5選!ニート脱出に適した職種は?」のコラムで詳しく紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

大学生ならインターンもあり!

将来、働きたいと考えている企業のインターンに参加して収入を得ることも可能です。社会人として、どの企業へ入社しても必要となるスキルが身につけられます。
ただし、注意しておきたいのは「インターンはお金を稼ぎにいく場所ではなく、能力と評価を高める場所」ということ。インターンを選考の判断材料に入れている企業もあるので、手を抜いたり学生気分で働いたりすることはできないと考えておきましょう。

大学生のバイト選びの基準は?

大学生のバイト選びの基準には、時間の融通や給料面などが重視されることが多いようです。以下で詳しく解説します。

シフトに融通がきくか

大学生におすすめのバイト12選」でも挙げたように、大学生が選ぶバイトはシフトに融通がききやすいバイトほど人気があるといえます。大学生の本分は勉強なので、学業がおろそかにならない程度に働けるところを選ぶ人が多いようです。

時給が高いか

大学生のバイト代の使い道は?」でも解説したように、大学生になるとやむを得ない出費も多くなります。そのため、バイトの時給を特に重視する人も少なくありません。同じ労働時間で働くなら、少しでも多く収入が得られるバイトを選択するでしょう。

家や大学からの距離

学業とバイトを両立させたい大学生にとって、勤務先の立地もバイト選びの大切なポイント。時間やお金をかけず、スムーズに通える職場は、体力・精神的にも負担がかかりません。

スキルアップできるか

バイト先で学びが得られる環境だと、働くモチベーションも上がります。また、大学生なら今後の就活でアピールできる項目を増やせるのも魅力です。

大学生がバイト面接を成功させるポイント

大学生でバイトを始めたいなら、事前準備からしっかりと行いましょう。ここでは、バイト面接を成功させるポイントについて解説します。

履歴書は丁寧に仕上げる

履歴書は丁寧に記載しましょう。採用担当者が読みやすい文字を意識して書きます。日付や生年月日などの数字は間違えやすいので、よく確認しながら記載しましょう。誤字脱字や記入漏れがないよう、最後は見直しを忘れずに。また、履歴書は公的文書のため、二重線で消したり修正液を使用したりするのは厳禁です。自分の誠意を伝えるためにも、1項目ずつ丁寧に仕上げましょう。

志望動機を明確にする

バイト先に対して、「働きたい!」といった熱意が伝わるような志望動機にしましょう。自宅や大学からの通勤のしやすさをはじめ、学費のため、経験を活かすためなど、具体的な説明ができるようにしておくと、採用担当者も評価しやすくなります。また、いくつかの志望動機を組み合わせてみるのもおすすめです。

身だしなみを整える

面接日は身だしなみを整えましょう。職種によってはスーツの着用が必要になることもありますが、基本的には普段着が多いようです。服装の指定がないか、事前に確認しておくと良いでしょう。派手な服装やアクセサリーなどは避けるのが無難です。清潔感のある姿は、採用担当者に好印象を与えます。

大学生のバイト経験を活かして、就職につなげてみませんか?「自分に合った就職先を見つけるのが難しい…」とお悩みの方は、ハタラクティブにご相談ください。
若年層向け就職エージェントのハタラクティブでは、専任アドバイザーによる丁寧なカウンセリングによって、一人ひとりに合った求人をご紹介します。また、就職活動に関する具体的なアドバイスや応募書類作成方法の指導などを行っているので、就職活動に不安を抱いていた方でも安心!わたしたちと一緒に良い結果を掴みましょう。サービスの登録・利用料はすべて無料です。ぜひお気軽にお問い合わせください。

大学生のバイトに関するQ&A

ここでは、大学生のバイトに関するさまざまなお悩みにQ&A方式で解決していきます。

大学生がバイトだけで一人暮らしできますか?

大学生がバイトだけで一人暮らしをすることは可能です。時給制のバイトは働くほど収入を得ることができます。目標金額があるなら、必要に応じて複数のアルバイトを掛け持ちして稼ぐこともできるでしょう。しかし、バイトが忙しくて身体を壊しては意味がありません。また、学生であることを自覚し、本業である学業を疎かにしないことが重要です。

大学生はバイトをしない方が良い?

大学生がバイトをすることは、就職前に社会経験ができるのでおすすめです。バイトをすることで、お金を稼ぐことの意味を理解したり、コミュニケーションスキルが向上したりと、得られるものが多くあります。また、バイトによって自分の向き不向きが分かり、就職後のミスマッチを防げるでしょう。「バイト経験なしは就活で不利?ニートからの就職成功のコツもご紹介」でも、バイト経験のメリットをご紹介しています。

怪しいバイトに引っ掛からないか不安です…

残業代が支払われない、長時間労働を強いられる、暴力をふるわれるなど、世の中には従業員に不当な扱いをするバイトも存在します。怪しいバイトに勤めないためにも、「労働条件が明確でない」「人手不足が続いている」など、事前に求人情報をよく確認しておくと良いでしょう。詳しくは「ブラックバイトの事例を紹介!見抜く方法や対策法も解説」も参考にしてみてください。

この記事に関連するタグ