転職エージェントと会う時の服装のポイント

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. 第二新卒転職TOP
  4. >
  5. 転職エージェントと会う時の服装のポイント

公開日:

最終更新日:

◆面談の服装を通してチェックされること

転職エージェントとの面談では、服装はどのくらい重要なポイントになるのでしょうか。
面談ではこれまでの職歴・経歴や、転職志望の理由、転職後に求める条件などを会話の中で整理しながら、登録者それぞれの適性やスキルを把握していきます。

しかし転職エージェントがチェックしているのは、会話の内容だけではありません。

登録者の服装や態度、言葉遣いなども総合して、一人一人の能力を確認しています。具体的には、ビジネスの場にふさわしい行動ができるかといった最低限のビジネススキルから、志望している業界に適したスキルがあるかといった個別的な適性まで、服装1つ、言葉遣い1つから幅広い情報を得ているのです。

たとえば金融業界など堅い業界を志望している人がそれに応じた身なりや態度をできているか、営業マンを志望している人が円滑なコミュニケーションをできているかといった視点が挙げられます。
そのため転職エージェントとの面談は、自身の転職活動の重要な一歩であることを理解し、服装選びにも気を配ることが大切だといえます。

◆「ラフな格好で」「私服可」と指示されたらどうすれば良い?

面談にあたっては、「ラフな格好で結構です」「私服でお越しください」などと指示されることもあるでしょう。

どのような私服なら良いのか、スーツは禁止なのかなど様々な不安が生じがちですが、面談にあたってのポイントを押さえておけば安心です。

最も重要なのは、ラフすぎないことと清潔感を保つことです。
既に述べた通り、転職エージェントとの面談を通して、登録者の適性や紹介する求人の種類が判断されていくため、ラフ過ぎたり清潔感がなかったりするとビジネスマナーを欠いていると思われ、後々の転職活動に悪影響を及ぼしてしまう可能性があります。

一方で華美すぎても、ビジネスにふさわしくない服装だと判断されたり、服装に目が向けられてしまい本来の自分自身を十分に理解してもらえなかったりという事態が生じるリスクがあります。

したがって私服や普段着と指示された場合は、ビジネスカジュアルな服装で臨むことがおすすめです。
またスーツの方が落ち着くという場合や、金融業界など堅い業界を志望している場合は、スーツを着用しても問題ありません。

◆マナーを守りつつ、リラックスできる服装で

このように転職エージェントとの面談では、服装を通してマナーやスキルを伝えることになります。
しかし、たとえ不備があっても問題ありません。転職エージェントは求職者の問題点を改善し、転職成功まで導くのが仕事だからです。

そのため面談において最も重要なのは、エージェントに本音を伝え、後悔のない転職活動を進めていくことです。したがって面談ではスキルをアピールするだけでなく、リラックスした状態で会話ができることが大切になります。

そのため、あくまでマナーを守った服装が求められますが、無理に新調したり着慣れない服を着たりする必要はありません。リラックスし、普段通りの自分が表現できるような服装選びをすることで、充実した面談につなげることができるでしょう。

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ