1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. ニート経験者が就職活動を成功させるためのポイント

ニート経験者が就職活動を成功させるためのポイント

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

ニートとはイギリスで生まれた言葉で、日本では2000年以降に用いられるようになったワードです。 言葉の意味としては35歳未満の就学・就労・職業訓練をいずれも行っていない若者を表しています。 ここではそんなニートを卒業し、就職を目指す人たちに役立つ情報をまとめてみました。 ニート経験者の就活は、新卒就活と比べて押さえておくべきポイントが異なります。そのポイントを知ることで就職活動を有利に進めていきましょう。

ニートを卒業したいと感じるのはどんなとき?

ニートを卒業し就職を目指すきっかけは、大きく3つあります。

1つ目は収入面で将来的な不安を感じたときです。

現状は悠悠自適なニート生活ができていたとしても、将来的にその生活がずっと続けられる保証はありません。
貯蓄を崩して生活している場合には、いつかはお金が底をつくでしょう。
親族に援助してもらっている場合も、「いつまで助けてくれるのかわからない」といった不安もあります。こういった不安を抱えながら生活することは、大きなストレスとなりえます。
将来を考え現状を変えようとして、就職を目指す人は少なくないでしょう。

2つ目は親から諭されたときです。

自分が働ける年齢になっているということは、親もそれだけ歳を重ねています。
中には定年退職を迎えた親を持つ人もいるでしょう。今までは現役でバリバリと働けていた親も、退職後は貯蓄や年金で生活することになることは容易に想像ができます。
また高齢になると思いがけない病気やケガに見舞われる確率も上がります。そうなると「いつまでも子どもの面倒を見ているわけにはいかない」といった気持ちも芽生えてくるかもしれません。
これまではニート生活に理解があった親でも、自らの老後と直面することで、危機感を抱くようになることも考えられます。
また、年々老いていく親を見ていると、「ニートを卒業して安心させてあげたい」といった気持ちが徐々に高まるという可能性もあります。
そういった親との関係性の変化が、就職のきっかけとなることもあるでしょう。

そして3つ目は友達や身近な人が充実した生活を送っているのを感じたときです。

もちろん働いているからこそのストレスや不満はあるはずです。
けれども社会の一員として自立した生活を送る友人の姿はまぶしく感じることでしょう。
また安定した収入があることで、趣味やプライベートにかけられるお金にも差が出ます。
それを実感したとき、「就職したい」という思いが強くなるのではないでしょうか。

ニートを長く続けるとこうなる?!事例集

ニートとして過ごす時間は、しがらみも少なく居心地の良いものです。けれどもそんなニートを長く続けてしまうと、予期せぬ事態を引き起こすことがあります。

ここではニートを続けたときに起こりがちな問題を事例と共に紹介していきます。

<ケース1:親族との集まりに出席しづらくなる>

親族との集まりで、よく話題に上がるのが仕事と結婚です。学校を卒業してからは、それぞれの人生を歩むことになります。
ニートという選択肢も、もちろんその人生のひとつです。しかし親族の中には、おせっかいを焼く人がいる可能性もあります。
「仕事は何をしているの?」「いつ就職するの?」「誰か良い人はいるの?」といった矢継ぎ早な質問をされると、居心地の悪さを感じることでしょう。
それが続くと親族との集まりの場に行きたくないと思うようになり、徐々に出席しづらくなる傾向にあります。

<ケース2:友人と疎遠になりがちになる>

ニート生活を長く続けると、学生時代に仲が良かった友人でも疎遠になりがちとなります。それは話の共通点が少しずつ減っていくからです。
もちろん学生時代の思い出を共有することは可能です。昔話は相変わらず楽しく話すことができるでしょう。
問題は「現状」の話です。社会に出て働いている友人とニートとして過ごしている人では、興味の対象や生活スタイルが違います。ニートであることで友情が揺るぐことはありませんが、共通の話題が減ることは決してプラスにはなりません。
その結果友人と疎遠になってしまうことがあるのかもしれません。もしニートを続けることに息苦しさや疑問を感じ始めたら、その時点が就活を始めるタイミングなのかもしれません。

ニートから就職を目指すことは可能?

ニートから就職を目指すことはもちろん可能です。

しかしニート以前の経験値によって、その難易度は異なります。

就職に一番有利と言われているのが、正社員として働いた経験のある人です。
働いた期間が長く、専門的なスキルを持っている人ほど、就職できる可能性は高くなります。
また、就業経験がない人でも、ニート期間が短く年齢も若ければチャンスはあります。
なぜなら就活市場において若さというのは強みとなるからです。年齢を重ねると、働き方に対して自分なりのこだわりやポリシーが生まれます。
もちろんこだわりやポリシーを持って働くことは大切ですが、それと同じくらい柔軟な思考や適応力も重要なスキルです。
よって若いからこその強みを活かせる求人を探してみると、内定の可能性を高めることができるでしょう。

ニート期間が長く就業経験がない人は、基本的な就活のいろはから学ぶことがおすすめです。

残念ながら現在の日本では、長いニート期間を好意的に捉えてくれる企業はほとんどありません。
そこで就活を行う前に、これまでの遅れを取り戻す必要があります。例えばニート期間で何か専門的な資格を取得するなど、スキルアップした実績があると大きなアピールポイントとなるでしょう。
ただし就活のいろはを学ぶと言っても、1人でできることには限界があります。そこで友人に助言を求めたり、就職支援エージェントを利用したりするなどして、客観的な視点から対策を行っていけると良いでしょう。

ニート脱出のための第一歩

ニートを脱出するための第一歩としては、規則正しい生活を取り戻すことが大切です。

ニート生活を送る人の多くは、夜型の生活スタイルとなっています。まずは朝8時の起床を目標に、早寝早起きを心がけてみましょう。
そして積極的に外出の機会を作ります。図書館などに足を運び、就活に関する情報収集ができると、1日を有意義に過ごせるはずです。もちろん自宅のパソコンでも情報収集は可能です。情報収集をスタートする際、ポイントとなるのが、期限を決めて就活を行うということです。
いつまでに就職をしたいのか、具体的なゴールを設定します。そうすることでモチベーションを維持しながら、効率よく就活に取り組むことができるはずです。

求人探しのポイントと選び方のコツ

ニート経験者が就活を成功させるためには、求人の選び方にもコツがあります。
一番重要なことは、仕事の選択肢を広く持つことです。
絶対に譲れない条件をいくつか決め、あとは職種や業界に捉われず就活を進めていきましょう。
また未経験者歓迎の求人を中心に応募していくことで、採用される確率を上げることが可能です。
未経験者歓迎の求人の場合、入社後に研修を行うケースが多々あります。会社の募集要項にも研修内容について記載されていることがあるので、しっかり確認しましょう。
さらに複数の求人サービスを利用し、多くの情報を集めることもおすすめです。集めた情報を労働条件などの軸から吟味し、自分に合った会社を見つけていきましょう。

何から始めたらいいのかわからない人には

就活を始めたいけれど何から手を付ければいいのか悩んでいる人は、エージェントを利用することもおすすめです。
エージェントの中には、20代や就業経験がない人に特化したサービスもあります。
実際にハタラクティブでは、若年層を中心とした就活支援サービスを提供しています。
ニート経験者の就活の実績やノウハウも豊富にあるので、まずはお気軽にご相談ください。

関連キーワード

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

やりたいことがわからなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたがやりたいことを見つけましょう!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

ページトップへ

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

 

より良いサービスを提供するため
アンケート回答にご協力ください

Q1. 現在の就業状況を教えてください

Q2. 年齢を教えてください

※未回答の設問があります

ご回答ありがとうございます!

いただいた情報は今後のサービス改善のために
活用させていただきます。

閉じる