企業が転職でSPIを導入する目的は?具体的な対策や受検方法も解説

企業が転職でSPIを導入する目的は?具体的な対策や受検方法も解説の画像

この記事のまとめ

  • 転職におけるSPIでは「SPI-G」が実施される
  • 転職でSPIを実施する目的は、応募者の特徴や能力を確認すること
  • 能力検査は問題形式に慣れておく、性格検査は自分を偽らないなどの対策を取ろう
  • 転職におけるSPIは、面接と合せて合否の判断が行われる場合がある

転職でSPIが実施される目的について知りたい方は多いでしょう。
SPIは新卒採用で実施されるイメージがありますが、中途採用の選考でも導入している企業は多くあります。SPIを実施している企業を志望している場合、事前に対策をしておくのがおすすめです。
このコラムでは企業が転職でSPIを導入している目的や、SPIの対策方法などを紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

SPIとはどのような検査か

SPIとはリクルートマネジメントソリューションズが開発した適性検査の1つで、正式名称は「Synthetic(総合的な)、Personality(個性・性格)、Inventory(評価)」です。
試験内容は「能力検査」と「性格検査」に分かれており、前者は働くうえで必要な基礎学力をはかるテストで、後者は人柄や適性を診断するテストとなっています

能力検査と性格検査の2つからなる

SPIは能力検査と性格検査の2種類があり、能力検査はどのような職種でも求められる知的能力をはかる検査です。
能力検査は「言語分野」と「非言語分野」の2種類に分かれているのが特徴。言語分野では、言葉の意味や要旨を捉えて理解できるか、非言語分野では論理的思考力があるかなどを測定します。
性格検査は、普段の行動や考え方に関する約300問の設問への回答から、回答者の性格をはかる検査です。性格的な特徴をはかることで、回答者の人との接し方や仕事への取り組み方などが分かるようになります。性格検査は自分を良く見せようとせず、正直に回答することが大切です。

転職の際には「SPI-G」が実施される

SPIは用途の違いによって大きく分けて「SPI-H」「SPI-U」「SPI-G」の3種類がありますが、転職活動で実施されるSPIは「SPI-G」です。なお、「SPI-H」は高卒向け、「SPI-U」は大学新卒向けとなっています。
それぞれ種類によって出題される問題や難易度なども異なっているため、中途採用でSPIを受ける場合は「SPI-G」の対策を行う必要があるでしょう

転職でSPIが実施される目的については「転職活動を始める前に…SPI試験の内容や対策とは」のコラムでも解説しています。

企業が転職でもSPIを導入する5つの目的

企業が転職でもSPIを導入することには、「応募者の基本的な性格や特性を知る」「新しい環境への適応能力があるかをチェックする」などの目的があります。
企業がどのような理由でSPIを実施しているかを知ることで、的確なSPI対策がしやすくなるでしょう。ここでは、企業が転職でもSPIを導入する目的を解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

1.能力が企業の水準とマッチしているかチェックするため

SPIを実施することで、応募者の基礎学力や論理的思考力などをチェックし、水準とマッチしているかを確認する目的があります。採用活動にはコストが掛かるため、採用した人材の能力が自社の水準を満たしていないと会社としては痛手に。履歴書に記載されている卒業学校名からでは、募集職種に必要な知識やスキルが応募者にあるかを判断できません。そのため、SPIを通して応募者の能力をはかる必要があるのです。
また、前職も同じ業界や職種からの転職者のみを採用しているような企業の場合、SPIのほかに専門知識の有無をチェックするオリジナルのテストを実施している場合もあります。

2.新しい環境への適応能力があるかをチェックするため

企業や組織への適応能力をはかる目的でも、SPIが用いられます。SPIの性格検査では、性格的な特徴だけでなく職務適応性や組織適応性をはかることが可能です。未経験の転職希望者の場合であれば、SPIを実施することで新しい仕事や環境に適応しやすいかどうかを測定できます。

3.面接で掘り下げたい部分を探るため

SPIを実施することにより、面接だけでは分かりにくいその人の性格や企業への適応能力などをはかることができます。そのため、企業によってはSPIの結果を踏まえて、次の面接でより掘り下げたい部分をチェックしていることもあるようです

4.入社後の育成に利用するため

SPIを実施することで応募者がどのような性格でどんな適性があるかをはかることができるため、SPIの結果は入社後の育成にも用いられます。たとえば、SPIの検査結果を配属先の直属の上司が参考にすることで、相手の性格を事前に把握したうえで円滑なコミュニケーションをとることも可能です。
また、SPIの結果から新人がどの程度の基本的知識や能力を持っているのかが分かるため、SPIの結果を活用することでその後の人材育成もしやすくなるでしょう。

5.基本的な性格や特性を把握するため

転職の際に実施されるSPIでは、転職者の基本的な性格や特性、社会人としての一般常識などを把握することを目的として実施される場合があります。
新卒の場合はこれから育てていくことができますが、中途採用の場合は基本的にどの会社でも即戦力として、すぐに会社の一員として仕事をしてもらうことが前提。しかし、履歴書や面接だけではその人の性格や特性などを把握することは難しいため、SPIを実施してどのような人材なのか判断しています。

転職におけるSPIへの4つの対策

転職におけるSPIの対策方法は「能力検査は問題形式にあらかじめ慣れておく」「受検形式を理解するためにも過去問を解く」などがあります。
転職におけるSPIは、ほかのSPIよりも能力検査の言語問題のレベルがやや高めに設定されていることもあり、事前に十分なSPI対策を行っておくことが重要。また、性格検査には特に必要な対策はありませんが、自分を良く見せようとすると逆効果になってしまいます。
ここでは、転職におけるSPIへの対策を解説していきますので、参考にしてみてください。

1.能力検査は問題形式にあらかじめ慣れておく

転職におけるSPI対策として、事前に能力検査の問題形式に慣れておくことが大切です
SPIの能力検査はパソコン上で受検するタイプの場合、独特の進め方になっています。たとえば、能力検査では一度先のページに進むと前のページには戻れなくなっているため、問題を飛ばして回答することがないよう注意が必要です。
実際に受検する際には開始前に説明画面や練習画面も用意されているため、しっかりと利用するようにしましょう。

2.性格検査は自分を偽らずありのままに答える

SPIでの性格検査は、自分を偽ることなく回答するようにしましょう。
性格検査では、企業が求める人物像となるように考えながら回答してしまう人もいるはず。しかし、いくら自分を良く見せようとしても、回答内容と実際の人物像が異なっていることは、面接の際や入社後にばれてしまいます。
また、本来の回答と違う回答を選んだせいで、適性がある職種のはずが逆に適性がないと判断されてしまう可能性も。転職におけるSPIの性格検査では、自分を偽らず素直に答えるようにしましょう。

SPIの性格検査に有効的な対策方法は「SPIの性格検査に有効な対策法はある?受検方法も解説」でも解説しています。

3.受検形式を理解するためにも過去問を解く

前述のとおり、パソコン上で受検するタイプの能力検査は受検形式が独特となっているため、受検形式を理解するために過去問を解くのがおすすめです。どのような形式で出題されるのか全く知らない状態では、本来の力が出せない可能性もあるでしょう。
過去問を解いてみることで、問題の傾向や解き方の感覚などを把握できるようになります

4.転職エージェントからSPI対策のサポートを受ける

SPI対策本やアプリもあるため、これらを活用して勉強することもできますが、ほかにも転職エージェントでSPI対策のサポートを受ける方法があります。転職成功実績が豊富な転職エージェントであれば、応募先企業の傾向なども踏まえてSPI対策を行ってくれるでしょう。
また、転職エージェントではSPI対策のほかにも、応募書類の添削や模擬面接など幅広い転職サポートを提供しています。そのため、トータルでサポートを受けたい人におすすめです。

転職におけるSPIの対策方法は「転職のSPI対策をしよう!アプリは活用すべき?重要度や問題傾向も解説」のコラムでもご紹介しているので、あわせてチェックしてみてください。

転職におけるSPIの合否への影響とは

SPIの結果だけが内定に影響するとは言い切れません。
中途採用の場合、SPIの測定結果は面接の参考として利用されることが多いようです。SPIの結果と面接によって、応募者を総合的に判断し採用の可否を決定しているといえます。そのため、選考が進んで評価が近い応募者がいた場合、SPIの結果を参考にする場合はあると考えられるでしょう。

SPIを受検する4つの方法

SPIは企業によって受検方法が異なり、テストセンターでパソコンを使って受検する場合もあれば、応募先企業でマークシート形式のテストを受ける場合もあります。ここではSPIを受検する方法を紹介していきますので、参考にしてみてください。

1.テストセンター

リクルートキャリアが全国に設置した会場で、パソコンを使ってテストを受けます。会場には企業の担当者はいないので、普段着で受検しても問題ないでしょう。
指定された受検期間の中から希望の日付と時間を予約し受検するシステムです。

2.Webテスティング

自宅のパソコンを使って受検する方法です。インターネットの接続状況に不備がないか確認した上で受検してください。

3.ペーパーテスティング

応募先企業が用意した会場でマークシート形式のテストを受けます。

4.インハウスCBT

応募先企業を訪れ、企業が用意したパソコンでテストを受けます。

転職におけるSPIの目的を理解し対策をしよう

転職におけるSPIの目的を理解して対策することで、内定獲得が近づく可能性が高まります。
企業によって、SPIの実施形式は異なる場合も。就職・転職エージェントは、各企業のSPIの情報を保有しているので、活用するのがおすすめです。
ハタラクティブは、若年層に特化した就職・転職エージェント。プロのアドバイザーがあなたの希望に合った求人をご紹介します。応募種類の添削や面接対策など、充実したサービスを無料で利用することが可能です。
転職を考えている人は、まずはお気軽にご相談ください。

この記事に関連するタグ