介護職を辞めたい時に考えるべきこと

介護職を辞めたい時に考えるべきことの画像

【このページのまとめ】

  • ・介護の仕事を辞めたい理由は、長時間の労働や給与の低さ、人間関係の問題など

    ・上司に相談しても改善されないとき、心身の限界を感じるときは、転職を検討しよう

    ・介護職から他業界へのチャレンジは可能。応募先企業で活かせるスキルや熱意をアピールしよう

介護職に就いている方はどのような理由から辞めたいと考えるのでしょうか。ここでは辞めたい理由を解説するとともに、今が退職のタイミングなのかを判断するためのチェックリストをご用意しました。転職活動をスタートする前に、ぜひ参考にしてください!

◆介護の仕事を辞めたい理由

介護現場で勤務する職種では、下記のような理由で辞めたいと思う人が多いようです。

【長時間の拘束、残業が多く休みがとりづらい】

まず介護職のデメリットとして挙げられるのが、業務負荷が高く、残業が常態化していること。人材不足の成長業界ならではの特徴が、長時間の拘束や残業の多さ、休みの取りづらさに繋がっているのでしょう。 

【業務内容、夜勤などが体力的に辛い】

身体介助をする介護士の中には、腰を痛めて現場から離れる人もいます。大人一人の体を支えるのは結構な力仕事なので、体に無理が出ると以前と同じように仕事をするのが難しくなってしまいます。

【仕事の責任に対して給与が低い】

給与や待遇面が責任の重さに比べて適正でないと感じる方もいるようです。介護職員の給与は国が基準を定めた介護報酬から捻出される割合が多く、介護士に給与として支給される金額は事業所の経営方針や施設の規模に左右されます。他事業所との差を感じて、転職が頭をよぎるという方もいるかもしれません。 

特に夜勤に対して賃金が低いと、「負担ばかりが大きい」と仕事の限界を感じやすくなるようです。

【職場の人間関係がうまくいかない】

人材不足で職場内の関係性が必要以上に緊密になる傾向があり、人間関係がうまくいかないというケースも。職員同士の連携が重要な職種ですから、このような悩みを抱えると業務に支障が出ることもあるようです。 

【規定外のサービス(違法な医療行為など)を強要される】

法律的に介護士に認められていない医療行為、資格がないと実施できない医療行為を強要され、断り切れずに悩んでいる介護士の方がいます。

違法な医療行為をする不安は大きく、何かあったときに責任を問われる怖さが介護士の方を苦しませているようです。

◆辞め時チェックリスト

現状に不満や問題を抱えつつも、生活面を考えると仕事を辞める決断はなかなか難しいのではないでしょうか?

しかしネガティブな気持ちを持ったまま働き続けるのは、心身にとって決して良い状態とはいえません。思い切って転職した方が、将来的により良いキャリアを築ける可能性もあります。

辞め時を考えるヒントをご紹介するので、退職を迷っている方はぜひ参考にしてみてください。

【上司に業務や待遇面で改善提案したが、状況は変えられないと回答された】

給与や仕事内容に問題があるときは、1人悩んでも解決できないので上司に相談を持ちかけましょう。相談しても改善が見込めない場合、相談に真摯に向き合ってもらえないときは、職場を立ち去るタイミングと考えても良いかもしれません。

改善すると言われたものの、時期や対策について具体的に明言されなかった場合も、現実的に退職を検討し始めるときでしょう。何度も話をしたのに一向に詳しい説明や行動に移す様子がないときは、上司はあなたの問題を真剣に考えていない可能性があります。いくら話をしても手ごたえがなければ、今後も事態が良くなることはないでしょう。

【施設固有の事柄が理由で転職しない限り改善されない】

慢性的な人手不足が原因で残業が続いている、施設形態が自分に合っていないなど、施設固有の事柄が負担になっている場合、同じ職場で改善策を考えるより転職したほうが問題は早く解決するかもしれません。

【体力面または精神面で限界を感じる】

心身の過度なストレスを感じている場合、そのまま仕事を続けると体調を崩すリスクがあります。そうなってから退職をすると体調が戻るまでに時間がかかり、職歴にブランクが生じるかもしれません。

そんな結果になるよりは、本当に倒れてしまう前に退職を検討した方が賢明といえるのではないでしょうか。

【退職後、当面の生活費を賄う貯金がある】

退職後の転職活動を考えている人がチェックしたいのが、現在の貯金額。退職後にある程度の経済的な余裕がないと、納得のいく転職活動ができない恐れがあります。

経済的に逼迫すると、就職を焦る気持ちから充分な条件ではない職場に入社してしまう可能性があるからです。そこで不満を抱いて、また転職するようでは元も子もないでしょう。

退職を考えている方は、すぐに辞めるのではなくまず貯蓄を増やすことから始めましょう。


仕事を辞めたいと感じた時に最初にやるべきことは、悩みを解決できるアイデアはないか考えることです。もし解決策が出てきたら、実現可能かどうかも含めて上司に相談してみましょう。

改善に向けて事業所側が具体的に動く様子なら、ひとまず静観するのも良いのではないでしょうか。
日本の正社員雇用では「1つの会社に長く勤めていることを評価する」という文化が根強く残りますから、1箇所でキャリアを積めるのであれば、今後転職を考えた時にも有利に働くはずです。

しかし、上記のチェックリストの中にもありますが、仕事を続けることに限界を感じているのであれば無理をする必要はありません。
身体や心が悲鳴をあげるまで続ける仕事が、あなたの人生にメリットをもたらす可能性は極めて低いでしょう。迷うことなく転職をおすすめします。 

◆未経験の業種・職種にチャレンジできる?

介護職から転職を考えた時に、違う業界や仕事にチャレンジしたいという方もいると思いますが、挑戦することは可能です。

ただし、転職のパターンごとに難易度は違ってくるので、転職活動を始める前に自分の状況を把握しておきましょう。採用の可能性が高い順番は以下のようになります。

(1)業種未経験だが、前職の経験・スキルを活かせる
(2)職種未経験だが、前職と同業種で業界経験がある
(3)業種・職種ともに未経験

採用の可能性が高いのは前職の経験やスキルを活かせる仕事。MR、調剤薬局事務、福祉用具の販売・リース、スポーツインストラクターなどが一般的にはよく挙げられます。 
どの仕事も介護職員として培ってきた知識やホスピタリティーを武器に転職活動を進められるでしょう。アピールする際は、これまで経験してきたことが次の仕事でどのように活かせるのか、分かりやすく具体的に伝える必要があります。履歴書作成や面接対策は万全に準備したいところです。 

全くの未経験業種・職種にチャレンジしたい場合は、志望する仕事に対する意欲をメインに伝えることになります。業界・企業研究と説得力のある志望動機がカギになるでしょう。 
「なんとなく楽しそうだから」とイメージだけで業種や職種を選ぶのではなく、どのような部分に魅力を感じるのか、一般的に大変と言われている部分も含めてチャレンジしたいのかを自分の中で整理することをおすすめします。 
「なぜそう思うのか」という視点で論理的な志望動機を考えるようにしましょう。 


今回は介護職の人が転職を検討する際に参考になる情報をご紹介しましたが、いかがでしたか?

介護業界は成長業界ならではの良さと大変さがあります。もし辞めたいという気持ちが出てきたら、コラムを参考に転職について検討してみるのも良いのではないでしょうか。 

20代特化型の就職・転職エージェント、ハタラクティブでは未経験の業種や職種に転職したい人が満足できるサービスを提供しています。 
当サービスでは幅広い業界で未経験OKの正社員求人を多数ご用意しているので、自分に合う求人を見つけたい方は一度ご相談ください。 

また、就職や転職が初めてという方も大歓迎。ハタラクティブでは高卒、第二新卒、既卒、大学中退、フリーターの方を対象に、正社員求人のご紹介から履歴書作成や面接に関するアドバイスを行っています。 
就活アドバイザーのカウンセリングを受けたい方は、まずはハタラクティブにご登録ください!

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る
  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION