1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 転職の失敗におけるよくあるパターンとその対策

転職の失敗におけるよくあるパターンとその対策

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

現在の会社に不満を覚え、転職を検討している人は少なくないでしょう。しかし、実際に転職を目指してもなかなかうまくいかない場合が多いのが現実です。

現在の会社に不満を覚え、転職を検討している人は少なくないでしょう。しかし、実際に転職を目指してもなかなかうまくいかない場合が多いのが現実です。

転職活動中によくある失敗のパターン

転職失敗の原因のひとつに転職活動のための時間が十分確保できないという点が挙げられます。
学生の場合は時間の多くを就職活動に回すことも可能ですが、働きながら転職活動をするとなると、時間の確保は格段に難しくなります。働いている会社がブラック企業の要素があり、残業が常態化していたりするとなおさらです。
しかも、たいていの場合は会社に黙って転職活動をしているわけですから、時間の調整を上司に相談するわけにもいきません。

「それなら、会社を辞めてから転職活動を行えばよいのでは?」と思うかもしれませんが、そこには大きなデメリットが存在します。
確かに、最初は時間的余裕ができ、活動がしやすいと感じるかもしれません。そして、そのまますぐに転職先が決まれば問題ないのですが、うまくいかないまま何カ月も過ぎると、職がないことがあせりとなり、精神的に追い詰められていくことも考えられます。
最後には、「入社できるならどこでもよい」という投げやりな気持ちになり、結局、転職する前のほうがよかったという事態にもなりかねません。
したがって、就職活動を始める前には、働きながらいかに転職活動のための時間を確保するかが大きな課題となります。

また、なんとか時間を捻出して転職活動を始めたとしても、いつも書類選考で落とされ、一向に前に進めない人もいるでしょう。
その原因は応募する企業が競争率のやたらと高いところばかりだったり、自分の適性の把握不足で企業の求める人材とのミスマッチを起こしていたり、そもそも、書類の適切な書き方がわかっていなかったりとさまざまです。
いずれにせよ、その原因を突き止めて軌道修正を図らないといつまでも足踏みが続くことになります。

入社してから後悔する失敗のパターン

就職自体には成功しても入社後に失敗に気づく場合もあります。
よくあるのが、転職先の実情が、入社前のイメージとかけ離れていたというパターンです。

たとえば、キャリアアップのために転職したのに、想像以上に会社のレベルが低くてライバルとなる同僚も手本になる上司も存在せず、その会社から得られるものが何もなかったなどというケースです。
また、給料が前の仕事に比べて5万円アップするというので転職してみれば、各種手当もボーナスもでないため、トータルの収入が大幅に減ってしまったという話もあります。
さらに、前の会社に比べて待遇はよくなったものの、仕事の内容が自分の望むものではなく、やりがいを感じられないというのもよくあるパターンです。
ライターの仕事がやりたくて転職したのに、実際は、ほとんど編集の仕事ばかりだったとか、人と面と向き合っての営業がやりたかったのに、主業務は電話営業だったなどというのがその一例です。

転職活動の失敗を防ぐために!これだけは欠かせない事前の準備と調査

このような失敗を防ぐには、さまざまな事態を想定したうえでの事前準備が欠かせません。
まず、働きながらでも転職活動の時間を確保する工夫が必要です。
たとえば、電車で通勤しているのならば、その間の30分や1時間の時間を使って行えることがあるはずです。次に、毎日30分早く起きて書類の作成作業などを進めるように習慣づけましょう。
貴重な休みも休息や気分転換の時間は確保しつつ、その合間を有効活用できるように、しっかりと計画を立ててください。
このように、ひとつずつは短くても、それをムダなく積み重ねればかなりの時間を捻出できます。

また、仕事をしながら転職活動を続けていると、後ろめたく感じ、ストレスになる場合があります。そういうときは、転職が成功して得られるメリットを思い浮かべて心を奮い立たせてください。
たとえそれが実現できるかどうかわからないものでも、できるだけ具体的にイメージすることでモチベーションを上げることができるでしょう。

さらに、本格的な転職活動に入る前に企業研究を行うことも重要です。
求人募集だけ見て、条件がよさそうだと安易に応募すると、採用された後に、自分の想像と会社の実情がかけ離れていてショックを受ける可能性が高くなります。
そうならないように、その企業が本当に自分の求めているものを満たしてくれるのか否かをしっかりと確認するのです。
まず、ホームページで会社概要、企業理念、扱っている商品などを調べ、次に、求人サイトや就職ナビなどから企業が求める人材像や採用後の仕事内容、社内の様子などを確認します。
他にも、投資家情報の決算資料やニュースサイトでの話題やネット上に拡散している評判などを集めていくと、その会社の実情にかなり迫ることが可能です。

そのうえで、退職理由を今一度振り返りましょう。
キャリアアップを目指しているのか、収入を増やしたいのか、やりがいがある仕事をしたいのかといった動機の核となる部分をはっきりさせる必要があります。
企業研究の結果と自分の動機を照らし合わせたうえで目指す企業を決めれば、入社後にがっかりする確率も低くなるはずです。

書類選考に落ち続ける主な理由と対策

転職活動の準備ができて志望企業も決まったなら、次は書類選考の通過を目指すことになります。
もし、何度も選考に落ち続けている場合は、まず書類の書き方が間違っていないかをチェックしましょう。
たとえば、学歴や職歴を書く場合、「県立××高等学校」、「○○株式会社」と正式名称を記入せずに、「××高校」、「(株)○○会社」と略称で書いてしまうと、ルールに厳格な企業であればそれだけで失格になりかねません。
したがって、書類を書くときはルールを確認しながら、正確に書く必要があります。

次に、志望動機です。
「収入アップがねらえそうだから」、「残業が少なそうだから」などと待遇のよさや自分の都合ばかりを全面に押し出しているようでは書類で落とされる可能性が高くなってしまいます。

志望動機にはまず仕事に対する熱意と入社後の目標を書き、それによって会社にどう貢献するかを説明したほうがよいでしょう。
自己PRも同様で、自分の強みに関して具体例を挙げながら書き、それを活かしてどのように会社に貢献していくのかをいかに説得力をもって表現できるかが合否の鍵となります。

面接に落ちる主な理由と対策

書類審査は通過できても面接がなかなか通らないという人もいます。理由はいろいろ考えられますが、よくあるのが基本マナーの欠如です。
中途採用の場合、相手は社会人経験者なので基本マナーはできて当たり前と思われています。当然、マナーに関する重要なミスがあると、大きなマイナス評価となってしまいます。

また、質問に対して答えに詰まって沈黙してしまったり、的外れな答えをしてしまったりするのも減点対象です。
したがって、面接によく落ちる人は、基本マナーを見直し、よくある質問に対しては何と答えるのかを入念に考えておきましょう。

その中でも、転職理由については特に熟慮が必要です。
「なぜ、前の会社を辞めて自社を選んだのか」という問いに、「職場の人間関係が悪かったから」、「会社のノルマがきつかったから」などといったネガティブな回答はNGです。
たとえ転職のきっかけはネガティブなものでも、ポジティブな動機にうまく変換し、仕事に対する前向きな姿勢をアピールする必要があります。
「人間関係が悪い」は「御社のチームワークを重視した理念にひかれて」、「ノルマがきつい」は「顧客ひとりひとりとじっくり腰を据えて仕事がしたいため」といった具合です。

さらに、履歴書に書いている内容と面接での発言に矛盾があると面接官は疑念を抱きます。転職理由や志望動機に関しては履歴書の段階でよく練り上げて書くことが重要です。

転職がうまくいかないときに頼りになるのがハタラクティブ

ここまで転職に失敗する主な原因と対策について述べてきましたが、ひとりでそれらをすべて行うのは想像以上に大変です。
そこで、自力でうまくいかない場合は、ハタラクティブを利用してみてはいかがでしょうか。

ハタラクティブは20代を中心とした既卒、フリーター、第2新卒対象の就職支援サービスです。常時1,000件以上の求人をご用意していますが、そのサービス内容は単に相談者の希望にそって仕事を紹介するだけではありません。
経験豊かな就活アドバイザーがマンツーマンで対応し、個性と適性を最大限に引き出したうえで、本当の意味で相談者にマッチした仕事を紹介しています。
さらに面接対策や書類対策にも力を入れており、その結果が内定率約80%という高い数字につながっています。サービスはすべて無料ですので、転職がうまくいかなくて悩んでいる方はお気軽にご相談ください。

関連キーワード

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

ページトップへ

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

 

より良いサービスを提供するため
アンケート回答にご協力ください

Q1. 現在の就業状況を教えてください

Q2. 年齢を教えてください

※未回答の設問があります

ご回答ありがとうございます!

いただいた情報は今後のサービス改善のために
活用させていただきます。

閉じる