天職とは?自分に合った仕事の見つけ方と悩んだときの対処法

天職とは?自分に合った仕事の見つけ方と悩んだときの対処法の画像

この記事のまとめ

  • 天職とは、心から楽しめて一生続けたいと思える仕事である
  • 天職を見つけるためには、自分の好きなことや得意なことを書き出してみよう
  • 天職は必ず存在すると信じて、いろいろな仕事を試してみることも大事
  • 天職に近づくためには、転職や起業という選択肢もある
  • 天職が見つからないときは、適職に就くという方法もおすすめ

天職とは、天から授かった職業という意味ですが、具体的には自分に合っていて心から楽しめる仕事などを指します。このコラムでは、天職と呼べる条件や見つけ方について詳しく解説。天職が見つからない場合の対処法についても紹介します。これから就職先を探したり、天職を検討したりしている方はコラム内容参考にし、自分に合った仕事を探してみましょう。

ハタラビット

ハタラクティブは20代の
フリーター・既卒・第二新卒

特化した
就職支援サービスです

「天職」とは?

「天職」とは、「天から授かった仕事」と捉えることができます。一般的には、「周囲から批判や意見を受けてもやりがいを感じる仕事」「天性に合った仕事」として使用されます。つまり、周りにどういわれようと、自分にとって大きなやりがいを感じる仕事が天職といえるでしょう。

天職と適職の違い

適職とは、「その人に適した仕事」のこと。適職の場合は、その仕事が好きかどうかを問わずに、得意かどうかで判断するのが一般的です。「適職の見つけ方を解説!好きなことよりも得意なことを探そう」でも解説していますが、天職の場合は仕事に対してやりがい・生きがいを感じますが、適職はやりがいを問いません。あくまでも、「適しているか」「得意かどうか」で判断するのが適職です。

天職と呼ばれる仕事の条件4つ

人によって天職は異なるものの、「仕事に対して苦を感じない」「積極的にスキルアップを目指せる」といった仕事が当てはまります。冒頭で解説したように、天職は「他人に批判されても続けたい仕事」「報酬や待遇が気にならないほどやりがいを感じる仕事」のこと。どんな仕事でも、下記で説明する条件に当てはまれば天職と捉えることができるでしょう。

1.仕事に対して苦を感じない

業務内容に苦を感じず、ストレスを覚えないなら天職の可能性は高いです。仕事が楽しくなかったり、業務内容が合ってなかったりするとストレスを感じるもの。毎日意欲的に仕事に取り組める、ストレスなく高いモチベーションを保てるか、考えてみましょう。

報酬や条件が気にならない

天職は仕事そのものに大きなやりがいがあるため、休みや報酬が少なくても不満を覚えにくいでしょう。仕事を休みたいと感じるよりも、「より知識を増やしたい」「経験を積みたい」と思えるなら、天職といえます。

2.自然に目標を持てる

仕事に対して自然と目標が持てれば、天職である可能性が高いです。
評価や昇給といった理由ではなく、自発的に「仕事に対するスキルを磨きたい」など目標を持てるかどうかが、天職の判断ポイントになるでしょう。

3.仕事にのめり込める

時間を忘れるほど仕事に集中してのめり込むことができるかどうかも、条件のひとつ。
好きで楽しいことには誰もが没頭できて、時間が足りないと感じる機会も多くなります。もちろん仕事なので苦労もありますが、仕事を趣味のように感じられたら、天職といっても良いでしょう。

4.人生が充実していると感じる

天職とは、条件や報酬を問わずにやりがいを感じる仕事。自分が心から望む仕事に就ければ、人生が充実していると感じることでしょう。

一生続けたいと思う

仕事内容に不満がなく、充実感も得られて一生続けたいと思えるなら、その仕事は天職と捉えられます。

天職を見つける3ステップ

天職を見つけるには、自分が何に興味があり、やりがいを感じるかを明確にすることが大切。自己分析を行って、自分への理解を深めましょう。

1.自己分析を行う

自己分析とは、自分の経験や考え方、価値観を知ること。自分に対して理解が浅いと、どんなことにやりがいを感じるのか、どんなことが得意なのかといった天職に関わる重要な要素を見つけられません。自己分析の詳細については、「自己分析とは?就活や転職活動での必要性を解説!方法やメリットもご紹介」のコラムでもご確認いただけます。

1.自分が好きなことを書き出す

天職を見つけるためには、自分の好きなことを書き出す作業からはじめてみましょう。
どんなことでも良いので、まずはどんどん好きなことを箇条書きにしてみてください。
生まれたときから時系列で思い出してみると、今は忘れている子どものときに好きだったことも出てきます。
好きなことを全部書き出したら、仕事につながりそうなものをピックアップしてみましょう。

2.自分が得意なことを書き出す

好きなことと同じように、自分が得意なことも書き出してください。部活や趣味に関することでも良いので、思い当たること全部に目を向けることが大切です。得意なことがないという方は、これまで何かをして人から褒められたことがないか考えてみてください。
学生時代に得意だったことも思い出し、人よりも優れていることを書いていきましょう。

3.絶対にやりたくないことを書き出す

好きなことと得意なことを書き出したら、次に自分が絶対にやりやくないことを書き出します。
嫌いなことは、一般的に行うとストレスや苦痛につながります。嫌いなことが天職になるとは考えにくいため、書き出して除外しておきましょう。

2.客観的なアドバイスをもらう

あなたのことを長年見てきた家族や友人などから自分の適性や性格を聞いてみるのも、天職を見つける良い方法です。
自己分析は少なからず主観が入ってしまうもの。第三者からの客観的な意見をもらうと、自分では気付けない適性や特徴を知るきっかけとなります。新たな視点があれば、仕事探しの視野も広がるでしょう。

3.将来の目標やキャリアを明確化する

天職は、評価やキャリアを気にせず働けるもの。しかし、将来の目標や目指すキャリアがないと、天職を探しにくいのが実情です。明確に目標を定め、モチベーションを高く保てる仕事を探してみてはいかがでしょうか。

天職にもデメリットがある
たとえ自分にとっての天職を見つけても、収入が少なかったり働く環境が合わなかったりとデメリットは考えられます。仕事内容だけでなく、勤務条件や環境にも注目しましょう。

天職が見つからない人の特徴と対処法

天職が見つからないと悩む方は、「経験や行動不足」「物事に対して全力を出していない」「仕事探しを諦めている」といった特徴が見られます。
天職を見つけることは簡単ではありません。多くの仕事や物事を経験していないと、なにが天職なのか分からないまま。新しいことにも積極的にチャレンジしていきましょう。
また、どれだけ探しても希望に合う仕事が見つからないと、仕事探しを諦めていては天職も見つからないもの。改めて自己分析などを行い、視野を広げて仕事探しを行ってみてください。

仕事探しで大切なことは?
仕事探しで大切なのは、仕事を通して自分が将来どうなりたいかを明確にすること。また、消極的に仕事をしていてはスキルやキャリアが積めません。仕事として好きになれるか、考えてみましょう。

天職が見つからないときは

天職と呼べる仕事は人によって違いますし、天職かどうかを誰も証明するこができないため、自分には天職などないと思ってしまう方も少なくありません。
何事も諦めるとそこで終わりになってしまうので、必ず天職があると信じて仕事探しを行うことが大事です。
また、周りの目を気にするばかり、自分が本当にしたいことよりも、周りから良いと思われる仕事を選ぶのも天職が見つからない原因のひとつ。
人がどう思おうと、どんな評価を受けようと、実際に仕事を行うのは自分自身。世間体ではなく何よりも自分がしたいことを優先することが大事になります。

今の仕事を天職にできる?
今の仕事に大きな不満もなく、続けたいと思っているなら少しの工夫で天職に変えるのも方法の1つです。例えば、仕事に対するアプローチ法を変えたり仕事の意義を改めたりと、勤務先や環境を変えずに自分を変えてみましょう。

天職ではなく適職に就くのも検討しよう

どうしても天職が見つからないときには、適職を探してみるという方法もあります。
適職であればストレスや苦痛を感じることなく働けるでしょう。注意したいのが、「好き」を仕事にすること。
「好きなこと」を仕事にするのはモチベーションややりがいにつながりますが、いっぽうで仕事にしてしまうと「好き」の気持ちが薄れるなどデメリットも。「好きなことを仕事にするには、どうしたらよい?」のコラムでも解説しています。

適性に合った仕事を探したほうが、能力を活かせるため評価にもつながります。得意なことを仕事にできるので、ミスやつまづきも少なく済むこともあるでしょう。仕事とプライベートを分けたいなら、天職よりも適職を選ぶのがおすすめです。

自分の天職や適職がなにか知りたい方は、ハタラクティブをご利用ください。就職・転職のプロがお話を伺いながら、適職を判断。ご希望に合った条件の求人をご紹介いたします。もちろん、適性を問わずに挑戦したい仕事があればご相談ください。
求人紹介だけでなく、適性判断や就職・転職の相談やサポートを実施。企業選びのポイントや受かる書類の作り方、好印象を与える面接のコツをお伝えいたします。
相談前に自分で適性を確認したい方は、ハタラクティブの適職診断もご利用ください。

関連タグ

  • arrow