新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 仕事探しで迷わない、求人選びの注意点

仕事探しで迷わない、求人選びの注意点

公開日:

最終更新日:

仕事探しで迷わない、求人選びの注意点の画像

【このページのまとめ】

  • ・求人選びのポイントは「雇用形態」「職種」「給与」「福利厚生」「応募資格」「勤務地」「勤務時間」「休日・休暇」
  • ・情報収集は公式サイト、口コミ、ニュースなどから

仕事探しをしているみなさんは、何を基準に求人を選んでいますか。

企業の知名度や給与など自分が見たい条件ばかり見ていては、就職後に「こんなはずじゃなかった」ということになりかねません。

気をつけたいポイントはいったいどこなのか見ていきましょう。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

仕事探しで迷わない、求人選びの注意点

あなたは、仕事探しをするときに何を指標に求人を見ていますか?
正社員になるために就職活動を始めようと思ったものの、求人情報を見てもその求人がいい求人かどうか見極められないことはないでしょうか。

また、求人情報の見方がわからず、その求人の条件が自分に合ったものか判断できない方もいるかもしれません。

そんな状態のままアルバイトや派遣で働き続けていると、就職をなんとなく先延ばしにしてしまい、フリーターの期間が長くなるばかりです。
仕事探しで迷わないために気をつけるポイントは一体どこなのでしょうか。

求人情報でチェックするポイント

雇用形態

正社員なのか、アルバイトや契約社員、派遣社員などそれ以外の非常勤なのかを確認します。正社員で仕事探しをしているなら最初にチェックしましょう。

職種

同じ職種名でも、会社によって業務内容が異なることがあります。また、耳慣れない職種にも注意が必要です。詳しい業務内容が読み取れない場合は、電話や口頭で確認したほうがよいでしょう。

給与

求人情報に載っている金額は、多くの場合「額面給与(=総支給額)」です。ここから社会保険料や住民税などを引かれた分が実際に手元に渡る「手取り(=差引支給額)」となります。

福利厚生

「社会保険完備」と記載があれば、健康保険、厚生年金、雇用保険、労災保険が付いています。家賃補助などの金額は条件にもよりますので、どこまで支給されるのか確認が必要です。

応募資格

フリーターからの就職であれば、基本的に「未経験歓迎」のものを選びます。「高卒以上」など学歴や「要普通免許」などの資格も合致するものを選びましょう。

勤務地

通勤時間や交通手段が現実的であるかを考えます。あらかじめ、現在の居住地から通勤するのか、引越しも視野に入れるのかを選択しておきましょう。勤務地と面接地が違う場所ということもあるので間違えないように。

勤務時間

勤務時間から休憩時間を引いたものが実働時間です。どちらの時間が書いてあるのか確認しましょう。残業についての記述がない場合は面接時に質問するのがベターですが、ストレートに聞くと面接官にいい印象を与えませんので慎重に聞き取りましょう。

交通費

交通費は必ずしも全額支給の会社ばかりではありません。

「交通費全額支給」ではなく「交通費支給」と記載されている場合は、会社の規定があることも。詳しく書いていない場合は、問い合わせてみましょう。

休日・休暇

「週休2日制」は、週休2日の週が月1回以上あるという意味で、毎週必ず2日の休みがあるということではありません。「完全週休2日制」の場合は毎週2日休となります。ただし、どちらの場合も2連休であることは意味しません。また、土日祝が休みであるとも限りません。
また、休日出勤の有無について会社に確認するときは、残業についての場合と同様直接的に質問しないよう注意が必要です。

企業情報をチェックするポイント

公式サイト

求人を募集している会社の公式サイトには、会社の事業内容や規模、国内外全ての拠点、代表者の顔など求人にはない情報が載っています。
自己PRに使える内容もあるかもしれません。一度すみずみまで目を通してみるのがおすすめです。
正式な企業名もここで改めて確認するといいでしょう。
中途採用者のインタビューやブログなどがあれば、会社の様子をより詳しく知ることができます。

口コミ、ニュース

インターネットで見られる口コミは、全て信用できるとは言い切れませんが参考にすることはできます。

内容に個人の主観が含まれていると踏またうえで、あくまで参考程度に閲覧するようにしましょう。
また、日ごろからニュースをチェックする癖をつけておけば、興味のある業界や企業について知ることができます。

良い内容でも悪い内容でも、仕事探しの指標になるので積極的に情報を収集しましょう。

このようなポイントに気をつけながら自分の希望とすり合わせていけば、仕事探しの効率が上がり自分に合った求人に出会える可能性は高くなります。

 

ハタラクティブにご相談いただければ、キャリアアドバイザーがあなたの適性に合った求人をご紹介。未経験からでも正社員を目指せる非公開求人も多数ご用意しています。  

まずはお気軽にご相談ください。

こんなときどうする?仕事探しの基準が知りたい方に向けたQ&A

好条件の企業はブラックですか?

一概にはいえません。
どんな企業を「ブラック」とするかは人により異なりますし、業界や職種の傾向もあるのでひとえに「ブラック企業」と決めつけることはできません。しかし、好条件の求人を載せて人を集めるブラック企業もあるのが実情です。「ブラック企業の特徴は?見極めて回避するのは可能?」で、見分け方をご確認ください。

条件だけで選んでも大丈夫ですか?

割り切れるなら大丈夫ですが、後々辛くなる可能性もあります。
就職や転職のきっかけとして「勤務条件を良くしたい」という人は多いもの。しかし、条件ばかりに注目して社風や業務内容を見落としていると、仕事や会社と合わずに働くことが辛くなる可能性も考えられます。「知っておきたい!会社の雰囲気を見極める方法」を参考に、条件以外にも目を向けてみましょう。

すべての条件を満たす企業を見つけたい。

すべてが好条件の仕事はないに等しいのが現実です。
たとえば、給与が高い代わりに業務量が多く残業や休日出勤が多かったり、ある程度の給与とカレンダー通りの休みがあっても業務内容が固定化していたりと、良い面もあれば悪い面もあるのが普通。条件に優先順位をつけ、譲れない部分以外は妥協することも大切です。「自分の条件に合う求人を見つけるにはどうやって探せば良いでしょうか?」では、アドバイザーが仕事探しについて回答していますので、ご参考にしてください。

自分に向いてる仕事が知りたいです。

自己分析と適性判断を行いましょう。
「自分になにが向いているのか」「自分は何を重視しているのか」を知るためには、自己分析が効果的です。自分の経験や考えを改めて見直しましょう。
自己分析の結果をもとに、適性判断を行うのもおすすめです。ハタラクティブでは、自己分析や適性判断を第三者であるアドバイザーがお手伝い。客観的な意見を知ることが、自分の仕事探しの基準を見つけるきっかけになるでしょう。詳しいご利用の流れとご相談はこちらからお進みください。

関連キーワード

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

あなたに合った仕事がきっと見つかる!

ご紹介するお仕事の仕事内容から職場の雰囲気までお伝えするので安心!

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

関連キーワード

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ