仕事で怒られる人・怒られない人の特徴は?原因と対処法をご紹介!

仕事で怒られる人・怒られない人の特徴は?原因と対処法をご紹介!の画像

この記事のまとめ

  • 仕事で怒られる人には、「報連相ができない」「完璧にこだわる」などの特徴がある
  • 上司と積極的に話すことで信頼関係ができ、怒られる機会を減らしやすくなる
  • 仕事で怒られるときは、相手の意見を聞き入れまず謝罪するのが大事
  • 仕事で怒られるのは、上司が成長を願って教育しようとしている場合もある
  • 仕事で関係ないことで理不尽に怒られることが多いなら、転職を検討するのも方法の一つ

仕事で怒られる夢を見るほど、ストレスが溜まっている人もいるでしょう。仕事でよく怒られる人は、ミスを防ぐ対策が足りなかったり、完璧主義だったりする場合があるようです。このコラムでは、仕事で怒られたときの対処法やよく怒られる人・怒られない人の特徴を紹介します。また、仕事で怒られるときのストレス解消方法や、理不尽に怒られる場合に検討すべきことについてもまとめているので、ぜひ参考にしてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

仕事で怒られる人の6つの特徴とは?

よく仕事で怒られる人の特徴として、「報連相ができない」「指示とズレた行動をしている」などがあります。自分に当てはまる部分はないか、チェックしてみましょう。

1.ミスを防ぐ対策をしていない

以前注意されたにもかかわらず、同じことを何度も間違えると、その都度仕事で怒られるでしょう。上司から怒られるポイントは、ミスそのものというより「注意したのに対策をしていないこと」です。最初は優しく注意していた上司も、何度も同じミスを繰り返せば「反省していない」「学んでいない」と怒ってしまいます。ミスを起こした理由と原因、周りの人への影響などを振り返り、同じようなミスを起こさないための方法を考えましょう。

2.誰かのせいにすることが多い

失敗したときに「相手の指示が曖昧だった」「取引先の対応が遅くて」など、誰かのせいにするのも、仕事で怒られる人の特徴です。怒られると自分が責められているように感じて、恐怖心からとっさに言い訳をしてしまいます。また、自分の評価が下がるのを恐れて人のせいにしてしまう、承認欲求の強い人もいるようです。
言い訳によってさらに怒りを買ってしまう場合もあるので、自分に非があったと認めて反省するようにしましょう。

3.報連相ができない

「報告」「連絡」「相談」ができておらず、仕事で怒られる人もいます。報連相は仕事におけるコミュニケーションの基本です。進捗状況やイレギュラーな事態の早急な報告、関係各所への連絡、上司への相談を怠らないようにしましょう。報連相ができないと社内の連携が取りにくくなってしまうので、周りとのコミュニケーションは大切です。コミュニケーションを取るのが苦手な方は「コミュニケーション能力は誰にでも身につく!その高め方とは」をご覧ください。

4.マナーやルールを守っていない

ビジネスマナーやルールを守っていない人は、仕事で怒られるのも当然といえます。敬語の使い方を間違えて失礼なメールを送ったり、服装規定や時間を守らなかったりすれば「勉強不足」「やる気がない」と思われても仕方ないでしょう。お客さまに失礼があると企業の信用を失いかねないため、上司としては怒らざるを得ない側面もあります。
ビジネスマナーがよく分からない人は、本を読んだり、セミナーを受けたりして勉強しましょう。「上司にメールを送る際のマナーは?好印象につなげるコツ」のコラムではメールに関するマナーを紹介していますので、参考にしてみてください。

5.指示とズレた行動をしている

指示された内容と違う行動をしていると、怒られることがあります。上司から「お願いしたことができていない」と怒られる場合は、自分の認識と上司の認識が違っている可能性も。一度指示されたら本当に認識に違いがないか再確認が必要です。また、度々質問すると怒られるのではないかと思い、自分なりにやってみようとする人もいます。それ自体は悪いことではないですが、指示を理解しないまま進めてしまうと、かえって上司に迷惑をかけてしまうので、分からないことは質問しましょう。
よく指示とズレた行動をしてしまう方は、「いわれたことを復唱する」「メモを取る」など工夫をして、認識の違いが起こらないようにするのも大切です。

6.完璧にこなそうとし過ぎている

仕事を完璧にこなそうとすると、時間がかかり過ぎて怒られることもあります。時間をかけて完璧なものを仕上げるより、7割程度の質で早めに提出したほうが効率の良いことも。完璧主義の人は、自分の妥協できる部分を決めて、1つの仕事に時間をかけ過ぎないようにしましょう。
仕事では、質とクオリティのバランスを見ながら、適度に手を抜くことも大切です。仕事が早い人の特徴を「仕事が遅いと言われる人の特徴とは?問題点や改善するポイントを紹介!」でまとめているので、ぜひ参考にしてください。

仕事で怒られない人ってどんな人?

この項では、仕事で怒られない人の特徴を紹介します。前述の「仕事で怒られる人の特徴」との違いを比較してみましょう。

自信を持って仕事をしている

上司や先輩と考え方が違っても、「顧客が求めているのはこれだと思う」「今大事なのはこちらだと思う」と自分の考えに自信を持っている人は、仕事で怒られる機会は少ないようです。むしろ、「主体的に考えている」「よく勉強している」と好印象を持たれます。失敗しても、頑張ったのだから仕方ないと理解を得やすいでしょう。
ただし、反省の意を示さなければ開き直りと見なされるため、失敗したときは謝罪と反省を忘れないのが重要です。

ポジティブ思考

仕事で怒られたことを引きずらず、ポジティブに考えられる人は成長スピードが早いため、次第に怒られなくなります。怒られたことを「成長するためのヒントをもらった」「弱点を教えてもらった」と捉えられれば、失敗を学びに変えられるでしょう。早く気持ちを切り替えることで、次の挑戦もしやすくなります。「仕事で怒られる人に共通する特徴を解説!対処法もご紹介」のコラムでも、仕事で怒られても気にしない方法について解説していますので、こちらも併せてご覧ください。

努力する姿勢がある

スキルアップやキャリアアップを目指して努力し続ける人は、仕事で怒られるようなことは少ないでしょう。日ごろから情報収集を行ったり、資格取得を目指して勉強したりする姿勢は、意欲があるとして高評価につながります。スキルアップはミスの削減にも効果があるでしょう。

先を読んで行動する

自分の行動が周りにどのような影響を及ぼすか、相手がどのような気持ちになるか、といったことを考え、一歩先を読んだ行動ができる人は仕事で怒られる確率が低いです。全体にとって最適な行動を取れるので、周りから感謝されることが多いでしょう。何をしたら上司や先輩が怒るかも予想できるため、そもそも怒られるような行動をしない人が多い傾向にあります。

上司と積極的に話をする

上司と積極的に話をすると相互理解が深まり、仕事で怒られることが少なくなるようです。信頼関係が構築できると、ミスがあってもまず話を聞いてくれるようになります。
上司を怖がって避けるようになると、お互いに何を考えているのか分からないので、「ミスをした」という事象だけに着目されてしまうでしょう。困ったときに相談しやすくするためにも、上司とのコミュニケーションは大切です。

感謝の気持ちを伝えるのも大事

注意やアドバイスを受けた際には、感謝の気持ちを伝えましょう。怒る側もストレスを抱えながら、それでも相手のためを思って指摘してくれています。お互いに気持ち良く仕事を続けるためにも、「ありがとうございます」の一言は大事です。

仕事で怒られるときの4つの対処法

怒られたときは、その後の行動が重要です。この項で、仕事で怒られるときの対処法を事前に確認しておきましょう。

1.相手の意見を聞き入れ謝罪する

仕事で怒られるとき、まずは、相手の意見を聞き入れてミスしたことに対して謝罪しましょう。自身が怒られることに納得できなくても、感情的に怒っている上司に意見をいうのは逆効果です。また、自分が悪いのに反抗的な態度を取るのは、いわゆる「逆ギレ」なのでもってのほか。最後まで話を聞かずに謝罪を述べるのも、「とりあえず謝れば良い」と思っているように見え、上司の怒りを助長するので注意しましょう。
仕事で謝罪するとき、何をいえば良いか不安な方は「すみません、すいません…正しいのはどっち?」をご覧ください。

2.ミスを繰り返さないようにする

一度指摘されたミスは、繰り返さないことが大切です。仕事で怒られることが多いなら、「ミスを記録する」「問題点を洗い出す」など、次の行動に繋げましょう。すぐにミスが治らなかったとしても、工夫して改善しようとする姿は、上司に「やる気がある」と思ってもらえます。

ミスをしないようにダブルチェックしよう

ケアレスミスが多い人は、ダブルチェックを習慣にしましょう。入力間違いや計算ミスといった「確認さえすれば防げたミス」は、チェック体制を強化すれば解決できる可能性が高いです。チェックリストを作って自分でダブルチェックをするのも良いですが、ミスが減るまでは同僚や先輩にお願いして確認してもらうと確実でしょう。

3.怒った人に直接相談や質問をする

気になる点がある場合は、怒った人に直接相談するのも一つの手です。ただし、怒っている最中に相談や質問するのは避けましょう。上司から「仕事で怒られることを受け入れずに反発している」と思われかねないからです。
ただし、上司に尋ねる前に一度は自分でよく考えてみてください。考えても分からないときや、自分で出した結論に不安があるときは、上司に頼るのが良いでしょう。上司が厳しくて、話し掛けるのが怖いという方は「厳しい上司の心理を知ろう!耐える毎日から上手なお付き合いに」をご覧ください。

4.ルール違反はしない

仕事で怒られることが多い人は、まずは基本的なルールを厳守しましょう。無断欠勤や遅刻・早退などを繰り返すと、仕事でミスをしなくてもマイナスイメージを抱かれてしまいます。勤務態度が真面目であれば人として信用され、ミスをしても理不尽に怒られることは少ないでしょう。

仕事で怒られるストレスをリセットする方法

仕事で怒られることにストレスを感じる人は、怒られる原因と向き合い、気持ちをリセットすることが大切です。怒られたことを気にし過ぎていると、気分が晴れないどころか、その後の仕事にも支障をきたしかねません。気持ちを前向きにリセットして、仕事に集中できるようにしましょう。以下に具体的な方法を挙げたので、ぜひ参考にしてください。

友人や同僚に相談する

仕事で怒られることを1人で抱え込まずに、誰かに相談してみてください。誰かに悩みを話すと頭の中が整理され、リフレッシュになるでしょう。漠然とした不安を抱えるのではなく、「自分が何に悩んでいるのか」を明確にすることで、どのような行動を起こすべきか判断できます。悩みの元を絶てば、ストレスが解消できるでしょう。

趣味を見つける

趣味があれば、仕事で怒られるストレスを発散できます。料理や読書、散歩など手軽に始められるものから試し、自分にあった趣味を見つけてみてください。社会人として自分なりのストレス発散方法があることは、「ストレス耐性がある」と会社から高く評価される場合もあります。

運動する

軽い運動は仕事で怒られるストレスを解消するのに効果的です。運動をしているときは仕事のことを忘れられ、オンオフの切り替えにもなるでしょう。チームスポーツで多種多様な人と出会えれば、世界が広がり自分の悩みが小さく感じるといった効果もあります。

旅行をして非日常を味わう

自宅や職場から離れた場所へ旅行して、非日常を味わうのもストレス解消になります。旅行の計画を立ててワクワクした気持ちになるだけでも、仕事で怒られるストレスが軽減されるうえ、「旅行があるから仕事をがんばろう」というモチベーションにもなるようです。仕事や家事といった「やるべきこと」から解放されて、リフレッシュできるでしょう。

生活習慣を改善する

早寝早起きをする、部屋をきれいに掃除する、健康的な食事をする、といった習慣を身につけることで、ストレスが解消されやすくなります。早寝早起きは自律神経を整える効果があり、集中力アップにつながるようです。また、部屋の掃除を黙々と行うとリフレッシュになるうえ、片付いた部屋は心もすっきりさせるといわれています。そのほか、食事によってストレス解消に効果のある栄養素を取り入れるのもおすすめです。生活習慣の改善は自己管理能力を高めることにもつながるので、仕事で怒られることが多い人は自分の生活を見直してみましょう。

仕事でよく怒られる人は理由を考えてみよう

仕事で上司によく怒られるなら、まずは理由を考えてみましょう。理由が分かれば対策を立てられるので、次第に怒られることは減っていくはずです。また、怒られるのは必ずしも悪いこととは限りません。場合によっては、成長を期待して怒られることもあります。以下を参考に怒られたときのことを振り返り、理由を見つけましょう。

教育の一環として怒られる

仕事で怒られるのは、教育の一環である場合があります。理不尽な怒りでない場合は、上司が自分の成長を願って怒っている可能性が高いといえるでしょう。仕事で怒られることをマイナスに捉え過ぎず、むしろ「気にかけてくれる相手がいてありがたい」と考えてみてください。

純粋にミスに対して怒られる

仕事でのミスに対し、純粋に怒られることもあります。会社全体に影響が出たり利益に直結したりするミスは、上司も真剣に怒らざるを得ません。重大なミスは、取引先や顧客、さらに社会にまで影響が及ぶこともあるからです。そのようなミスは二度と起こしてはいけないと重く受け止め、再発防止に務めましょう。

理不尽に怒られる

上司の好き嫌いや、そのときの機嫌によって理不尽に怒られるケースもあります。本来あってはならないことですが、上司も人間なので間違った行動を取ることもあるでしょう。一度くらいなら、あまり気にせず受け流すのが良い対処です。ただし、理不尽に怒られるのが繰り返される場合は、相談窓口を利用したり、異動や配置転換を願い出たりすることも検討しましょう。

仕事に関係ないことで怒られるときは

仕事に関係ないことで怒られることが多く、精神的に辛いと感じる場合は、専門機関への相談や転職など具体的な対策を取る必要があります。

専門機関に相談するのも一つの方法

仕事に関係ないことで理不尽に怒られることが多いなら、専門機関に相談するのも一つの方法です。企業に相談窓口がある場合は、まずそちらに相談しましょう。それでも解決しないなら、厚生労働省の「総合労働相談コーナー」を利用する方法もあります。総合労働相談コーナーはあらゆる労働問題を対象としており、無料で利用可能です。電話でも相談できるので、対面では話しにくい人も利用しやすくなっています。

参照元
厚生労働省
総合労働相談コーナー

転職する

理不尽に怒られることが多く、対処法を試しても「仕事に行くのが辛い」「怒られるかもしれないという不安が消えない」という状態が続く場合は、転職するのも良いでしょう。あまりにもストレスが続くと心身に影響が出る恐れもあるので、環境を変えることを検討する必要があります。自分のストレスがどれほどのものか分からない方は、「仕事に限界を感じるサインは?能力不足やストレス?症状や相談先も解説」を参考にしてみてください。

転職を検討したい方は、転職エージェントに相談するのもおすすめです。ハタラクティブは20代の既卒や第二新卒を対象とした転職エージェント。専任の就活アドバイザーが転職に最適なタイミングや、あなたに合った職場についてアドバイスいたします。仕事でよく怒られる人は、自分の良さや強みに気づいていない可能性も。プロの意見を聞きながら自己分析を行うことで、適職を探しやすくなるでしょう。また、求人探しやスケジュール調整を代行しますので、今の仕事を続けながら転職先を探すのも可能です。円満退職の方法についてもお伝えしますので、ぜひご利用ください。

仕事で怒られることに悩んでいる方に向けたQ&A

ここでは、仕事で怒られるときの対処法や悩みについてQ&A方式で解決します。

これから怒られるときの心構えはある?

自分のために怒ってくれていると思って、相手の意見を聞き入れましょう。また、怒られているのは仕事のやり方であって、自分自身を否定されたわけではないと理解しておくのも大切です。「上司に怒られた!ポジティブに受け止める方法」のコラムで、怒られたときの考え方について解説していますので、ご覧ください。

怒られるのは自分が悪いと思うべき?

自分が悪いときばかりではありません。素直な気持ちは大事ですが、自分を責め過ぎないようにしましょう。怒られたときに重要なのは、失敗を次に活かすことです。失敗の原因を分析して、改善策を考えることに注力しましょう。「仕事で大失敗した経験をどう活かす?大きなミスしたときの立ち直り方も紹介」のコラムで失敗の経験を活かす方法を紹介していますので、参考にしてみてください。

優秀な人が怒られるのはなぜ?

成長を期待されている可能性があります。高めの目標を課せられたり、細かな点を注意されたりするのは、期待の裏返しであることも。忙しくても自分の話を聞いてくれる上司なら、部下を思って怒っている可能性が高いでしょう。「厳しい上司の心理を知ろう!耐える毎日から上手なお付き合いに」のコラムでは、厳しくても良い上司の見極め方を解説していますので、自分の上司が当てはまるかチェックしてみましょう。

上司に怒られるのがストレスで辛いです

あまりにも辛いときは、環境を変えるのも方法の一つです。怒られたからといってすぐに退職するのはおすすめしませんが、努力して改善したのに怒られ続ける場合は転職も検討しましょう。なお、転職活動は退職する前に始めるのがおすすめです。「仕事しながらの転職活動は辛い?しんどい?無理のないやり方を紹介」のコラムで、仕事をしながら転職活動を行う方法を解説していますので、ご一読ください。ハタラクティブは求人探しや面接対策などをサポートしているので、スムーズに転職活動を進めたい人におすすめです。

この記事に関連するタグ