ニートにおすすめの職業!就職成功の鍵は

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. ニートにおすすめの職業!就職成功の鍵は

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・職業を聞かれることに対して嫌悪感を抱く人は多いが、ニートであることに後ろめたさを感じるなら仕事を探した方が良い
    ・ニートがチャレンジしやすい職業として、タクシードライバーやSE、介護職などがある
    ・就職活動を成功させるためには、就職支援機関に頼ることも一つの手段

ニートが職業を聞かれることに抵抗を感じるのはなぜでしょうか?それは、働いていないという事実に後ろめたさがあるからかもしれません。
このコラムでは、職業を聞かれたくない理由やニートがチャレンジしやすい職業の紹介、就職活動を成功させるためのポイントなどをまとめています。

◆職業を聞かれるのに抵抗があるのはニートだけじゃない?

職業を聞かれることが嫌だと感じている人は多いです。
嫌だと感じる理由は人によって様々ですが、以下のような理由があります。

・ニートだから
・派遣社員だから
・フリーターだから
・ありきたりな職業だから
・説明をするのが難しい職業だから

ニートの場合は、働いていないことや親に援助をしてもらっていることに後ろめたさを感じているようです。
派遣社員やフリーターの場合は、正社員として働いていないことに劣等感を感じている人も。
また、ありきたりな職業だとつまらない人間に思われそうと感じていたり、一般的に知られている仕事でないため説明することが難しくて嫌だと感じる場合もあるようです。

もし、ニートであることに後ろめたさを感じている方がいたら、そろそろ就職活動に取り組んでみてはいかがでしょうか?
世の中にはニートの方が挑戦しやすい職業も存在しています。

◆ニートからチャレンジしやすい職業は?

ニートからチャレンジしやすい職業の一例です。

【タクシードライバー】

お客様との関わりはありますが、先輩や上司との関わりが他の職業と比較して少ないため、人間関係の煩わしさを感じづらいでしょう。
会社によって勤務形態が異なりますが、一人で行動する時間が多く、頑張り次第では同世代の平均年収以上の給料を稼ぐことが可能です。
「普通自動車第一種運転免許」を持っていて車の運転に慣れている人におすすめ。
タクシードライバーになるには「普通自動車第二種運転免許」が必要ですが、二種免許の取得を支援してくれる企業もあります。

【SE】

SE(システムエンジニア)はパソコンを駆使するため一人で取り組むというイメージを持つ方が多いでしょう。
しかし、現場では作業を遂行する上で他の人とのコミュニケーションが必要とされる場面もあります。
黙々と作業ができる仕事ですが、人との関わりを持って働くためコミュニケーション能力を培うことが可能です。

【介護職】

自分のやった仕事がすぐに結果となって返ってくるため、やりがいを感じやすいのが介護職の特徴となっています。
入居者さまや利用者さまから感謝の言葉をいただけることが多々あり、人との関わりを通して自信や自己肯定感を持ちやすくなるのがメリットです。

上記以外にもニートが挑戦しやすい仕事は多々ありますが、仕事に就くためには就職活動をする必要があります。
そこで、就職活動を成功させるためのポイントをまとめました。

◆就職活動を成功させるためのポイント

【入社後のミスマッチを防ぐために、求人票はしっかりとチェックする】
求人票をチェックするにあたって、重要な項目は雇用形態や給与、社会保険、福利厚生などです。
正社員かどうか、手取りの給料はいくらになるのか、残業代はどのくらい出るのか、社会保険に加入しているかどうか、会社が働きやすい環境を提供しているかをチェックしましょう。

【ニートだった期間を詐称しない】

資格取得やボランティア、怪我、病気などの事情がある場合は問題ありません。
しかし、後ろめたさからごまかすのは止めましょう。
採用担当者は面接者の表情や話し方、一貫性などから簡単に嘘を見抜くことができます。
また、就職後に嘘だと分かった場合は、周りからの信頼を失うだけでなく懲戒処分になる可能性もあるでしょう。

【働きたいという前向きな気持ちをアピールする】

働きたいという意思が見えない人を雇ってくれる会社はありません。
ニートを辞めて働こうと思ったきっかけやその会社で働きたい熱意を伝えましょう。
また、ニート期間中にブラインドタッチやプログラミング、アプリ開発などの身に付いたスキルがあれば、そのアピールも忘れずに。
アピールできることはしっかり伝えたほうが好印象を残せます。

【いきなり正社員として働くのが不安なら、アルバイトから始めることも視野に入れる】

正社員として働くことに抵抗や不安がある場合は、アルバイトから始めることも視野に入れましょう。
アルバイトで社会生活に慣れてから、正社員を目指す方法もあります。

また「就職活動は何から手を付けて良いのか分からない」という方もいるでしょう。
そんな方のために、次の項目では就職をサポートしてくれる機関をご紹介しています。
就職活動が不安と感じる方は、こちらの就職支援機関を利用することも一つの方法です。

◆就職支援を受けてみましょう!

就職をサポートしてくれる機関は多数あります。
それぞれ特徴があるので、自分に合いそうなサービスを見つけましょう。

【ジョブカフェ】

ジョブカフェは通称で、正式名称は若年者のためのワンストップサービスセンターです。
各都道府県が主体となって、カウンセリングや職業紹介、就職セミナー、職場体験などを実践しています。
地域によっては、合同就職面接会や地域就職面接会、企業説明会、企業交流会などが開催されていることも。
ジョブカフェのサービス内容や利用方法、利用時間、対象年齢などは地域ごとに異なるので、直接足を運んで話を聞いてみましょう。

【ハローワーク】

ハローワークの正式名称は公共職業安定所で、職安と呼ばれている就労支援機関です。
主に求人の紹介や失業給付の受付、職業訓練の相談、就職活動全般におけるセミナーなどを行っています。
ハローワークは全国にあるため、世間からの認知度が高く、求人情報量の多さが特徴です。
開庁時間は平日の午前8時30分から午後5時15分が基本となっていますが、場所によっては時間が前後しているため、あらかじめ確認をして行くことをオススメします。

【就職エージェント】

就職エージェントは、主に一般企業が手がけている就労支援サービスです。
サポートの内容は手厚いところが多く、就職に関するカウンセリングや自己分析のサポート、求人の紹介、面接対策、入社までのフォローを行っています。
「就職活動をしたことがない」という方には、就職活動において必要なことを始めから教えてもらえるところも嬉しいポイント。
さらに、就職活動を行っていく上で出てくる質問や悩みに対して迅速に対応をしてもらえるところが多く、求職者にとって満足のできる就職活動が行えるといえるでしょう。

また、ハタラクティブならアドバイザーがマンツーマンで、自己分析やお悩み相談、履歴書や面接のアドバイスなどを行っています。
実際に企業訪問をした上でお仕事をご紹介しているので、求人票だけでは分からないリアルな内部事情をお伝えすることが可能です。
さらに、求人サイトには掲載されていない非公開求人が数多くあるため、自分に合ったお仕事がきっと見つかるでしょう。



関連キーワード

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ