1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. ニートから就職を目指したい!ハローワークの活用法

ニートから就職を目指したい!ハローワークの活用法

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・ハローワークは国が関わっている職業紹介機関で、全国に窓口があり仕事を探している人なら誰でも利用できる
    ・ニートにはハローワークに行くのが怖いという人もいるが、求人検索だけの利用から始めてみるのも一法
    ・ハローワークでは仕事探し以外にも職業訓練や合同面接会・相談会、各種セミナーなども行っている
    ・就職には若い方が有利であるため、正社員になりたいなら早めにニートを脱出した方が良い
    ・ジョブカフェやサポステ、民間の就職エージェントなどでも就職支援を行っているので、ハローワークと併用してニートを抜け出そう

就職を支援する機関といえば、まずハローワークが思い浮かぶ人も多いでしょう。
ニートを脱出したいと考え、ハローワークに向かう人もいるのではないのでしょうか。
しかし、ただハローワークに行っただけで就職できるわけではありません。ハローワークについて詳しく知り、どんなサービスを利用すれば就職に繋げることができるのか考えてみましょう。

◆ハローワークとは?

ハローワークとは、国が設置している職業紹介機関。正式名称は「公共職業安定所」です。
以前は「職安」という略称で呼ばれていましたが、1990年にハローワークという通称が採用されました。
仕事を探している求職者に、人材を求めている会社からの求人を紹介するのが主な事業。
民間の職業紹介事業者とは違い、求職者からも求人を出す会社からも、手数料や紹介料を取ることはありません。
また、利用に際して年齢や性別などの条件は一切ないので、就職困難者に対する最終的なセーフティネットとしての役割も果たしています。
全国各地に窓口を設置していることにも、どこに住む人でも利用できるようにという意味合いがあると言えるでしょう。

ハローワークでは、求人の紹介だけではなく自己分析や仕事選びのサポート、職業訓練のあっせんなども受けることができます。
応募したい求人が決まれば、紹介状を発行してもらうことも可能。履歴書や職務経歴書といった書類の添削や、面接対策などのセミナーも行っています。


◆ハローワークに行くのが怖い?

ニートを続けていると、ハローワークに行くのが怖くなってしまうという人も見られます。

・なぜニートをしていたのか聞かれるのが怖い
・自分にできる仕事があるかどうか不安
・ハローワークの職員はあまり親切ではないというイメージがある

このような理由で、なかなかハローワークに足が向かないというケースがあるようです。
そんなときは、いきなり相談せずに求人の検索だけをしてみてはいかがでしょうか。
ハローワークには求人を検索するための端末が置いてあり、閲覧だけの利用も可能。
まずは興味のある職業や企業の求人に目を通して、イメージを膨らませてみるのも一つの手です。
ハローワークの雰囲気に慣れ、気になる仕事が見つかったら窓口に相談してみましょう。

ただし、求人検索のみの利用でも、ハローワークへの登録は必要になります。
初めてハローワークを訪れた際には、まず求職申込書に必要事項を記入して登録を行いましょう。


◆仕事探し以外にも!就職にハローワークを活用する方法

最初の項でも触れましたが、ハローワークでは求人の紹介以外にも就職に関するさまざまなサポートを受けられます。
ニートは、就職した経験がなかったり、ブランクが長かったりするために仕事へのハードルが高いことが多いでしょう。
ハローワークで以下のようなサポートを受ければ、就活がしやすくなるのではないでしょうか。

【職業訓練】

ハローワークが行う職業訓練は「ハロートレーニング」という愛称で呼ばれています。
ハロートレーニングには在職者訓練、学卒者訓練などの種類がありますが、ニートを続けていた方には「公共職業訓練(離職者訓練)」もしくは「求職者支援訓練(求職者支援制度に基づく認定職業訓練)」が適切でしょう。
公共職業訓練は、雇用保険を受給している人に向けたもの。テキスト代のみの負担でスキルや知識を習得できます。
求職者支援訓練は雇用保険を受給できない人のためのもので、条件によっては給付金を受け取りながら訓練を受けることも可能です。

内容は、パソコン・IT関係や、簿記・経理などの事務系、介護、建築、エステ・ネイリスト…など多岐に渡ります。
実施場所や実施期間は内容によって異なるので、事前にハローワークやインターネットで調べておくと良いでしょう。

【合同面接会・相談会】

ハローワークでは、合同面接会が開催されていることも。一度に何社かが集まることもあれば、週替わりで違う企業が出向くケースもあります。
また、面接はないものの、企業の担当者から直接話が聞ける相談会や説明会などもあるようです。
このほか、ハローワーク主催で企業へ見学に行き、その場で面接を受けるというようなイベントが行われることも。
ニートの中には企業に電話をして面接の日程を決めたり情報のない企業に応募したりという行動が難しい人もいますから、こういった機会を利用するのも一法です。
こまめに情報をチェックしておけば、思いがけない企業に出会えるかもしれません。

【各種セミナー】

面接対策や書類作成についてのセミナーを無料で受けられるのも、ハローワークの魅力の1つ。
介護や保育など特定の職種について知るためのセミナーも見られます。
面接を受けても落ちてしまうという人や、履歴書の書き方に自信がないという人は一度セミナーを受けてみると視野が開けるかもしれません。
参加には、ハローワークに登録していることが条件となることが多いようです。
ただしセミナーによっては事前に申し込みが必要なケースも。どんなセミナーがあるのか、あらかじめ調べておくのが良いでしょう。
各ハローワークで月間スケジュールを作成している場合があるので、窓口や公式サイトで確認してみることをおすすめします。


◆就職するならできるだけ早いうちに!

ハローワークは誰にでも門戸を開いている機関ではありますが、ニート期間が長くなると求人を探しづらくなることには変わりありません。

若いうちは、経験や特別なスキルがなくてもポテンシャルで採用されるというケースが多く見られます。
これは、若ければその分定年までの期間が長く、継続的に活躍してくれるという期待が持てるため。
若い方がもの覚えが良い、若いと他の企業での経験が浅いため新しい職場に馴染みやすい、と考える人事も多いようです。

本来は、求人を出す際に年齢制限をつけることは認められていません。
しかし、「長期勤続によるキャリア形成を図る」という理由があれば、年齢に上限を設けても良いと雇用対策法で定められています。
この但し書きは求人票でよく見られますが、年齢不問の求人であっても選考の際に若さが重視されることは珍しくないでしょう。

ニートを続けていると、その分年齢も重ねていくことになります。
「いつかは就職したい」と考えているなら、今すぐ若いうちに行動に移した方が良いでしょう。


◆ハローワーク以外の就職支援機関

ニートが利用できるサービスも多いハローワーク。ただ、個別対応に弱い点や若年層に特化したサービスが少ない点はデメリットと言えるでしょう。
他の就職支援サービスと平行して利用すると、より早くニートを脱出できるかもしれません。

【ジョブカフェ】

「若年者のためのワンストップサービスセンター」という正式名称からわかるとおり、若者の就職を支援する機関です。
若者の働くことへの不安解消や、自分に合った仕事を探すための価値観の整理などを支援。
ハローワークが求人紹介を主軸としているのに対し、仕事を探す前の段階からのサポートが手厚いことが特徴です。

【地域若者サポートステーション】

働くことに悩みを抱えている若者が対象。
「働くことに自信が持てない」「人間関係が不得手で働けない」といった理由で仕事ができない人に対して、就労体験やコミュニケーション訓練で就職支援を行っています。
ニート期間が長い人へのサポートも受け付けているので、安心して相談できるでしょう。

【民間の就職エージェント】

上記2つは国が関わる公的なサービスですが、民間にも就職エージェントが多数存在しています。
エージェントによって特色が異なり、新卒や第二新卒を対象にしているものや、特定の地域の就職を支援するもの、スキルや職業に特化した求人を紹介するものなど多彩なサービスが魅力です。
正社員経験がない人に向けたエージェントもあるため、ぜひ利用してみましょう。


ハローワークでは求人の紹介や就職セミナーなどを受けられますが、違った特長を持つ就職支援機関も存在しています。
ニートをやめたいと考えているなら、ハローワークやその他の就職支援機関のサポートを受けることでスムーズに就活を進めることができるでしょう。

もし就職エージェントの利用を考えているなら、ぜひハタラクティブにご相談ください。
ハタラクティブは、正社員未経験の若者に特化した就職エージェントです。
「アルバイトしかやったことがない」「就職したいけれど何から始めたらいいかわからない」という人でも、一人ひとり丁寧に面談して強みを引き出し、適性に応じた仕事をご紹介。
内定率80.4%(2015年7月)の実績で、あなたの正社員就職を最後までサポートします。

関連キーワード

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

やりたいことがわからなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたがやりたいことを見つけましょう!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

おすすめ記事

  • image

    ニートを脱出しよう!「仕事が怖い」を乗り越えるコツ

  • image

    「働くのが怖い」理由は人間関係やトラウマ?対処法を知って就職しよう!

  • image

    ニートから就職…怖いと感じる理由とその対処法とは

  • image

    就活が怖い理由と克服方法を解説!不安を解消して内定を目指そう

  • image

    バイトが怖い…ニートを脱出する方法

  • image

    解説!今の仕事を辞めてニートになるということ

  • image

    ニートが就職しやすい仕事6選!支援機関でプロの力を借りよう

  • image

    ニートを脱出するきっかけには何がある?

  • image

    なぜ怖いと感じる?ニートがバイトを始めるときの注意点

  • image

    30代ニートでも諦めなくてOK!正社員就職への近道とは?

関連キーワード

ページトップへ

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

 

より良いサービスを提供するため
アンケート回答にご協力ください

Q1. 現在の就業状況を教えてください

Q2. 年齢を教えてください

※未回答の設問があります

ご回答ありがとうございます!

いただいた情報は今後のサービス改善のために
活用させていただきます。

閉じる