新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 仕事に就こう!ニートを脱出するためにやるべきこと

仕事に就こう!ニートを脱出するためにやるべきこと

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・ニートは就学、就労、職業訓練などを行っていない15歳から34歳までの人を指す
    ・ニートでいることは、自分だけでなく周りにも悪影響を及ぼしてしまう
    ・自分に向いている仕事を探すために、しっかりと自己分析を行う
    ・就職活動に不安がある人は、公共や民間の就職支援サービスを利用することも一つの方法

ニートの中には「いつか就職しよう」と考えている方がいるかもしれません。
しかし「周りの人と馴染めなかったらどうしよう」「仕事ができるか不安」と思っている方もいるのではないでしょうか?
このコラムでは、ニートが世間から懸念される理由、自分に向いている仕事を探す方法、ニートを脱出するために今から始めておきたいことなどについてまとめました。

◆ニートとは何か?

ニートという語の由来は「Not in Education, Employment or Training」の頭文字を取ったものと言われています。
就学、就労、職業訓練などを行っていない状態の人を指していて、日本では15歳から34歳までの人が対象となっています。

◆ニートの何がいけない?

ニートの中には「生活できているから問題ない!」という方がいるかもしれません。
ですが、ニートがいけないと言われているのには様々な理由があります。

【祖父母、親、兄弟などの親族や周囲にいる人の負担が増加する】

日常生活を送るだけでも、光熱費、通信費、食費、雑費などの生活費が必要です。
これらの生活費は自分がお金を出さない場合、近くにいる人が支払わなければなりません。
また、周囲の人間は物質的な負担だけではなく、精神的な負担を課せられる場合もあるでしょう。
家族にニートがいると、世間の目が気になりストレスになるというケースもあります。
ニートでいるということは自分だけの問題ではなく、周囲の人にも迷惑をかけることになるのです。

【世間からの厳しい目線】

世間はニートの存在を厳しく見ている人が多いです。
現代社会において、日常生活を送るためにはお金を稼ぐことが必要と考えられています。
しかし、お金を稼ぐためには、社会に対して自分の労力を提供しなくてはなりません。
そのため、ニートであるということは「生活力が無い人」「社会に馴染めない人」というレッテルを貼られてしまいます。

また、現実世界との関わりを断って、ネットの世界に依存しているというイメージも持たれています。
そのため、コミュニケーション能力の欠如を指摘されるケースもあるでしょう。
ネットの世界と現実の世界におけるコミュニケーションは別物です。
ネットの世界は匿名性が高いため攻撃的になりやすく、自分に合わない相手との関係を断つことが簡単でしょう。
しかし、現実の世界は相手と直接コミュニケーションを取っていく上、苦手と感じる相手でも向き合わなければならないケースもあります。
現実世界におけるコミュニケーション能力の欠如は、社会で生きていくことが難しくなる一つの原因として考えられるでしょう。

【経済力と社会的な信用の欠如】

ニートでいることのデメリットとして、収入が無い、将来設計を立てづらい、社会的信用の欠如などが挙げられます。
クレジットカードのキャッシング枠の追加ができない、住宅ローンを組むことができないということも、ニート特有のデメリットです。

【年齢を重ねる毎に深刻化する就職難】

年齢を重ねる毎に、正社員での就職が難しくなっていきます。
企業は若い人に対して、仕事を覚える速度が早い、物事に対する柔軟性がある、ポテンシャルがあるなどのメリットを感じて採用をしています。
対して、年齢を重ねた人に対しては、経験、スキル、キャリアなどを求める傾向があります。
ニート歴が長いほど就職難に陥りやすくなるのは必然です。

◆自分に向いている仕事を探す方法とは?

上記を読んでニートを脱出したいと思ったら、すぐに就職活動を始めることをオススメします。
しかし「自分に向いている仕事が分からない」という方もいるのではないでしょうか?
そこで、自分に向いている仕事の探し方をいくつかご紹介します。

【興味があることを挙げてみる】

例えば、漫画が好きであれば出版業界、料理を作ることが好きであれば飲食業界、車が好きであれば自動車業界など、興味に関連した業界を調べてみましょう。
興味のある業界で働くことができれば、仕事に対するやりがいを感じやすくなります。

【自分が得意なこと考える】

自分が得意なことを仕事にすることで働き続けやすくなります。
好きなことと得意なことが同じ人もいれば、違う人もいるでしょう。

例えば、料理を作ることが好きで、学校給食の調理員になろうと考えた場合、料理が作れることはもちろん大切ですが、同時にスピード感が求められます。
それは、学校給食は提供する時間が決められているため、指定された時間までに給食が出来上がっていなければならないからです。
料理を作ることが好きでもマイペースな性格の場合、現場でのスピード感に追いつけず、仕事に嫌気が差してしまう可能性が出てきます。

そのため、就職活動においては、しっかりと自己分析行うことが大切です。
自分の長所、短所、強み、弱みなどを知ることは、就職活動の成功に繋がっていきます。

◆それぞれの仕事における特徴

社会には様々な仕事が存在しますが、その中からピックアップしてお仕事の特徴をご紹介をします。

SE(システムエンジニア)やWebデザイナーはパソコンを駆使するため一人で取り組むイメージが強いでしょう。
しかし、現場では作業を遂行する上で、他の人とのコミュニケーションが必要とされる場面も。
そのため、黙々と作業をしながらも、人との関わりを持って働けるという特徴があります。

介護職は人が相手のお仕事になるため、大変そう、辛そう、難しそうなどのネガティブなイメージを持ちやすいかもしれません。
しかし、自分のやった仕事がすぐに結果となって返ってくるので、やりがいを感じやすいという特徴があります。
また「ありがとう」という言葉をかけてもらえることが多々あるため、人との関わりを通して自己肯定感を持ちやすくなるでしょう。

タクシードライバーは会社によって勤務形態が異なります。
一人で行動する時間が多く、努力次第で同世代の年収以上の給料を稼ぐことが可能です。
お客様との関わりはありますが、先輩や上司との関わりは他の職業と比較して少ないため、職場における人間関係の煩わしさは少ないのが特徴となっています。

◆就職に向けてすぐできることにも注目しよう

自分に向いている仕事を探すことも大切ですが、就職に向けて今すぐに取り組めることも実践していきましょう。
例えば、社会人としてのビジネスマナーの勉強、仕事で役立ちそうな資格の取得、生活リズムの見直しなどです。

また「自分に向いている仕事を考えても分からない」「資格を取得する費用や時間を確保するのが難しい」という方は、就職支援機関の利用も検討しましょう。
就職支援機関には、ハローワークの愛称で親しまれている公共職業安定所、各都道府県が主体となって設置しているジョブカフェ、民間企業が運営している就職支援サービスなどがあります。
それぞれ、サービスや個性が異なってくるため、自分に合うかは実際に訪問してみて、スタッフの方から様々なお話を聞くのがベストです。

また、ハタラクティブは、民間企業が運営している就職支援サービスになります。
ハタラクティブは、お一人おひとりに合わせたカウンセリングから入職後のアフターフォローまで長期的なサポートを実践。
就活アドバイザーがマンツーマンで対応していくので、不安や悩みを相談しやすい環境が整っているのが特徴です。
自分に合った仕事を見つけたいなどのご相談も承りますので、興味を持たれましたらお気軽にお問い合わせください!

関連キーワード

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

やりたいことがわからなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたがやりたいことを見つけましょう!

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

おすすめ記事

関連キーワード

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ